ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの一元管理システムのASPサービスについて

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/03/11

ネットショップの一元管理システムには、クラウド上に設置されているASPシステムが採用されているものが増えています。

一元管理システムのASPは、より効率的な複数のショップ運営をもっと手軽で便利にしてくれるシステムとして注目されています。

そこで、ショップの一元管理システムのASPサービスについてご紹介してみたいと思います。

ネットショップの一元管理システムとは?

ネットショップ一元管理システムは、複数のネットショップを運営しているという場合に便利なツールです。

このシステムを活用することで複数のネットショップの業務を一括管理することができます。  ネットショップの運営には受注処理や在庫管理、発送業務や商品データ管理など多様な業務があるのです。

このシステムを活用すると、こうした業務を統合して行うことができたり、一度の作業で全ての運営ショップの商品情報を更新させるといったことができるので、作業効率もアップします。

また、顧客へのメール連絡もテンプレート化して自動的に送信することが可能になるため、ミスや見落としなどの防止効果も得られます。  作業を行う上で時短効果や受注処理から発送までのプロセスがシンプルになり、人件費などの点でもメリットがあるためコスト削減効果などが期待できるシステムなのです。

そのため、ネットショップの一元管理システムは導入すると様々な利点がありショップ側の利益アップも期待できます。 では具体的にこのシステムはどのようにして利用することができるのでしょうか。 そこで次にその点についてご紹介してみたいと思います。

ネットショップ一元管理システムとASP

ネットショップ一元管理システムを利用する時には管理システムのプログラムを利用します。 そして、こうした管理システムはASPという仕組みを活用して提供されているものが多く存在しています。

ASPとは英語のアプリケーション・サービス・プロバイダの頭文字を用いた略語で、ソフトウェアを実行する為のプログラムデータをネット上のクラウドというサービスを用いたシステムです。

インターネット回線を通じてこのシステムデータにアクセスすることでソフトウェアを活用するといった方法なのです。  以前ならソフトウェアは直接パソコンにインストールして利用するのが主な方法だったのですが、ネットが高速化したり、コスト面などのメリットもあってASP方式のサービスがどんどん普及しています。

また、個別にプログラムデータをもたなくても使うことが可能な便利な方法としてこのサービスは昨今利用が急速に進んでおり、ネットショップの一元管理システムもこのASPという方式が採用されているというタイプのものが多く提供されるようになっていて、ユーザー数も拡大しているという事なのです。

ASPシステムのメリットについて知ろう

昨今、急速に導入が増えていると言われるASPサービスですが、このシステムにはメリットとデメリットが在るのです。

そこで、まずはメリットについてご紹介してみたいと思います。  ASPのメリットとして最初に挙げられるのが作業負担の軽減化です。 基本的にこのシステムはネット上のクラウド環境で活用するサービスなのです。 それぞれのパソコンにインストールをする必要がなく、複数のパソコンで利用したいという場合でもそれぞれのパソコンから手軽にアクセスして利用することが可能です。

そのため、デバイスが何であれネットに接続できる環境があれば便利に活用することができるのです。  パソコンに直接インストールして使うタイプのプログラムなら、インストール可能な台数には制限があるかもしれません。

しかし、ASPはネットで接続して利用するクラウド上のサービスですので、オフィス内であればパソコンからアクセスして外出先からだとスマホから接続するといった利用も可能なのです。 そして、自宅にいる時にタブレットで接続するといった方法など、大変便利にアクセスすることが可能という事です。

いつでもどこでも利用できてバージョンアップの手間もフリー

ASPシステムはネット上のクラウド環境で利用でき、インターネット環境があればいつでもスタートできるシステムです。

デバイスの台数制限なども心配し過ぎる必要なく、作業負担が軽減されるといったメリットがあります。  また、こうした点からネット環境さえあればいつでもどこでも利用可能といったメリットもあります。 使用するハードウェアを固定化して使用する必要がないため、場所にとらわれずに利用がすることができるのです。

会社のパソコンだけでなく、ASPサービスによっては個人パソコンやスマホからのアクセスもできるので、柔軟に利用することが可能なのです。  さらに、ASPシステムはバージョンアップの手間もかかりません。

ソフトのバージョンアップはサービスを提供する側が自動で行うようになっているタイプのものが多いため、いつでも最新バージョンのシステムを利用することができるのです。 この点についてはパソコンに直接インストールして利用するタイプのソフトだと、最新版が出る度に更新させる必要がありますのでとても面倒ですので、自動的にバージョンアップされているのはとても便利です。

導入コスト上のメリットや注意点などもある

ASPシステムにはとても便利なメリットがあり、いつでもどこでも利用可能でバージョンアップの手間もかからないといった点がありました。 さらに大きなメリットとして挙げられるのがコスト面でのメリットなのです。

パソコンやサーバにインストールをして使用する場合、購入時にまとまった費用が必要となる場合が多いのですが、ASPサービスだと月額料金システムが多いため、導入時のコストを抑えられるというメリットがあります。

さらに、インストール時には最新の製品が発売されると新たな購入の必要性があるといえますが、ASPサービスは提供者側でアップデートして常に最新の状態のものが提供されていますので、ランニングコスト面でもメリットがあるということなのです。

ただ、このシステムのデメリットとして挙げられる点が、安定した通信環境が必要という点で、地域や時間帯などによっては外出先での通信環境が不安定になる場合があるといわれます。 また、災害時にはネット接続ができなくなるといったことも考えられるのです。  加えて、ASPサービスの提供者サイドに何かしらの障害が発生した場合にはこのシステムの使用ができなくなるということも挙げられています。

便利で効率的なネット運営ができるツール

ネットショップの一元管理システムのASPサービスについてはいつでもどこでもアクセスでき、バージョンアップの手間もなく、導入コストも少ないという様々なメリットがあります。

また、安定した通信環境の必要性といった点などの注意点がありましたが、ネットショップを一元管理する上で、とても便利で手軽な方法として昨今、導入する人も増えているシステムです。

このシステムを活用するとネットショップ運営の効率性が高まったり、必要な業務がシンプルになって統合しやすくより管理し易くなるというメリットがあるのです。

以前ならネットショップごとに行わなければならなかった作業をまとめて行うことができ、業務の状況も確認しやすくなるなどの利便性もあります。

こうした一元管理システムがクラウド上で提供されているASPシステムは、より便利により柔軟にアクセスすることができ、受注から発送までに必要とされるプロセスをより効率的に進めることができるといった大きなメリットがあるということなのです。  このように、ネットショップの一元管理システムは便利で効率的なネット運営をサポートしているシステムです。

サイト内検索
記事一覧