ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの一元管理システムは既存システムとの連携も重要

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/03


ネットショップを運営する際には、連携サイトとのやり取りを行わなければなりません。そのような処理を個別にやっていると、わかりにくいだけでなく非効率で間違いも生じやすくなります。一元管理システムを用いることにより、これまで個別に連携サイトとのやりとりを行っていたものを効率的で間違いなく管理運営することが可能になります。

受注処理を一元化する事が可能になる

ネットショップでは、自分の持っている商品を、どのような方法で売るかということが大切になってきます。そういったことから、ネットショップを運営する際には、さまざまな受注先から注文を受け、商品発送などの手続きを行う必要があります。多くの場合、複数のインターネットモールに登録することでこの流れが行われていますが、これを一元的に管理することにより、間違いなく効率的に作業を進めることができます。

多くのインターネットモールは専用の管理システムを持っています。その管理システムとの連携を行うシステムを用いることによってこの一元化が実現します。この一元管理システムにより販売方法の多様化が可能になるのです。

どこのインターネットモールではどのような商品が売れるか、などというデータもリアルタイムに得ることができますので、どこにどれだけの商品を登録して販売すればいいかということが分かります。このようなシステムがない場合には、全てを手作業で行わなければなりません。一元管理システムにより大変効率的に、また間違いなく業務を行うことができるようになるのです。

業務メールの一元的管理が可能になる

ネットショップでの売買というのは、基本的にはインターネットを用いることがほとんどです。その際に、連絡方法として最も多く用いられるのが電子メールです。使用される業務用電子メールには大きく分けると、サンクスメールと発送連絡メールとフォローメールの3種類があります。付帯的な説明事項などを行うとメールの種類は増えてくるのです。

1つの商品に対して、商品の準備状況や郵送の状況などを含め最低限3種類の電子メールが必要となってくる訳です。それを人手でやっていたら大変なことになります。業務電子メールの一元的な管理を行えば、連携する外部システムとの通信からあらゆる状況を把握して、自動的にメールを送信するという事が可能となってきます。

一旦セットしてしまえば、ほとんど自動でこの作業を行ってくれますので非常に助かります。手作業の場合で生じるような間違いなどもなくなり、とても効率的だといえるでしょう。商品へのクレームや発送到着についての問い合わせなどについても、この一元管理システムを用いればワンストップで行うようなことが可能となります。

出荷作業の一元管理が可能となる

インターネットのもう一つの側面として、顧客への商品の受け渡しは運送会社により行われるということがあります。それぞれの会社では、ネットショップからの受注に対応できるようなシステムを構築しています。したがってこのシステムとの連携を行いながら受注品の発送を行うということになるわけです。

ネットショップでは、在庫や受注先の状況などに応じて、複数の会社からどれを選択するかという事を決める必要が出てきます。このような場合には、各社の受注システムとの連携を行う一元管理システムを用いることで効率的な運用が可能となります。各運送会社の状況などを即座に把握し、どの会社にどの品物を送付してもらうかなどということも自動的に判断することが可能になります。

このような一元管理システムがない場合には、個別に各社へ連絡し、それらの状況を受けてどの会社に連絡するかなどということを手作業で行わなければなりません。人手も多く必要で、間違いなども多く起こる可能性があります。一元管理システムを用いることによって、このような間違いを防ぐことが可能となるのです。

商品の在庫管理の一元化が可能となる

ネットショップを運営するうえで、最も大切な事の一つとして在庫管理があります。インターネットショッピングは、顧客が注文してから商品を受け取るまでの時間が短いということが最大の売りになります。他のネットショップと比べて、商品の到着が極端に遅いといった場合には、次からはお客は利用をしなくなってしまいます。

そのようなことから、注文を受けた際には速やかに発送できるような準備をしておく必要がある訳です。そのためには、各実店舗や各倉庫などに商品の在庫がどのくらいあるかの管理が大変重要になります。各店舗や各倉庫における在庫管理システムとの連携を行う一元管理システムを用いることにより、どの店舗や倉庫から顧客へ発送すれば一番効率的に短い時間で送れるかということの予測が可能となるのです。

なんといっても、インターネットショッピングは時間との勝負だといえます。各店舗や倉庫などの管理システムとの連携を行うことにより、自動的な在庫管理なども可能となってきます。在庫の一元管理システムは非常に重要になってきます。

商品登録の一元管理が可能となる

ネットショップではまず、各インターネットモールへ販売する商品の登録を行う必要があります。それぞれのインターネットモールでは登録のためのシステムが備わっていますので、このシステムとの連携を行うことにより品物の登録が可能となってくるのです。状況に応じて、登録する品物の数や価格を変えたりするなどということも発生しますので、これを手作業でやっていたのでは膨大な時間を費やしてしまいます。

また価格というのは、顧客が見て買うかどうかの判断基準の一つとなりますので、間違いがあると大きな問題となりかねません。そのようなことがないようにするというのは最低限のルールです。

ネットショップでは、複数のインターネットモールに品物の登録を行う場合が多いので、商品登録を一元化することによって作業を自動化し、間違いを防ぐことが可能となってきます。さらに、時期に応じてバーゲンセールを行うなど企画なども立てやすくなります。商品が登録されて時間がたってきた際に、値段を変えていくなどということも簡単に自動化できます。

商品の売買実績の分析の一元化が可能となる

商品の売買というのは、いかに効率的に品物を売っていくかということが重要なのです。そのため、ネットショップを運営するにあたっては、各売買の実績を分析することがとても大切です。これは、どのような品物を売買するかということに加えて、どのインターネットモールでどの商品を売買したら効率的かなどということも含みます。

各モールではそれぞれの分析システムも持っていますので、どのような年齢層や居住地域の顧客がどのようなものを買ったか、などということの分析は可能です。さらに、一元管理システムを用いることによって、どのモールではどのような商品が売れるかや各モールで違いがあるかないか、などということの分析を行なうことも可能となります。

このような事が分かれば、ある品物はあるモールへ、他は別のインターネットモールへなどという受注の差別化なども行うことも可能となります。ただ、このような作業を個別に手作業で行うということは不可能です。一元管理システムを用いることによって、仕入れ先や仕入れの数などということについても需要予測をすることも可能となってくるのです。

 

ここまで述べてきたように、ネットショップを運営する際には、各インターネットモールや運送会社などのそれぞれの管理システムと連携した一元管理システムを用いる事がその運営を大変効率的にします。その際重要となってくるのが、各管理システムとの自動的な連携なのです。その事によってネットショップの効率的な運営管理が可能となります。

サイト内検索
記事一覧