ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップ一元管理システムの主な機能とは?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/04/02

ECショップをするときにネックになるのがショップの管理でしょう。一店舗だけだと管理の負担はあまりかかりませんが、複数のお店を出店しているのなら、ちょっと大変です。ここではネットショップ一元管理システムの機能を紹介するので、理解しておきましょう。

複数のモールもまとめて管理できるので安心

ECショップをするときに1つだけでなく複数のオンラインモールを利用してお店を出している人もいるでしょう。基本的にそれぞれのオンラインモールは独立しているので、各サービスに応じた在庫管理をしないといけません。

これは出店数が多いほど負担がかかってしまうのがネックです。各お店ごとにスタッフを雇うのも良いですが、その分人件費がかかってしまうので注意しておく必要があります。なるべくコストを削減したいときには、ネットショップ一元管理システムを導入してみましょう。

ネットショップ一元管理システムは複数のオンラインモールに出店しているショップの在庫をまとめて管理できるツールです。例えば3つのオンラインモールにそれぞれお店を出店しているとします。3つのお店にそれぞれ在庫を追加したいときは、各ショップの管理画面にアクセスして商品を追加しないといけません。

一元管理をすることができるツールを利用すれば、それぞれのお店の管理画面にアクセスしなくても1つの画面でまとめて在庫登録をすることが可能です。在庫追加の作業時間を大幅に削減することができるので使い勝手が優れています。

また在庫の更新も1つの画面から簡単に実行できます。基本的に商品の在庫は出店をしているショップ数に関係なく、まとめて管理をしています。3つのお店の商品在庫数が100個だったとして、あるお店の在庫が切れてしまっても他のショップに在庫があれば売ることは可能です。

ネットショップ一元管理システムでは商品が売り切れても、他のショップから在庫をすぐに補充できます。そのため商品を注文したけれど、売り切れてしまい買い物ができないリスクを回避できるのが強みです。売りどきを逃さずに多くの顧客に商品を提供できる機能が備わっているので非常に便利です。

販促に使えるツールも多く備わっているので便利

ネットショップ一元管理システムには受注管理機能も装備されています。具体的にどのようなものが備わっているのかというとリピート通信販売というものがあります。顧客ごとにリピート管理をすることができるものなので定期便の扱いたいときに非常に便利です。顧客ごとにリピート商品のお届け予定日を細く設定することができます。

さらにリピート商品の配送をするときの禁止曜日なども設定可能なので使い勝手が良いです。顧客によっては1ヶ月だけ休止したい、別の商品と一緒に配送してほしいなどあらゆる条件を管理できます。

通販をおこなっているお店では定期的に顧客に対してカタログを配布しているところもあるでしょう。管理システムでは何回目の注文でカタログを顧客に送るのかなども設定可能です。

定期購入のプレゼントなども設定できるので自由度の高いシステムが売りです。定期購入をするときの支払いに関しては1回目がクレジット決済にして、2回目以降は自動引き落としに設定できる機能もつきます。

他にもギフト通販をするときに便利な機能も備わっているので知っておきましょう。ギフトオプションを利用すれば「のし」などの設定も可能です。顧客の商品注文管理画面から届け先に対して一括で「のし」をつけるのかなどの設定をおこなえます。のしの種類などを説明してくれる機能が備わっているシステムもあります。

補足機能があればギフト商品の受注の経験がないアルバイトでもどのようなときに「のし」を使用するといいのか、管理画面から直接確認できるので業務も捗るでしょう。

ちなみにネットショップ一元管理システムにはギフト用途商品のリピートオーダーに使える予約注文書の作成もできます。予約注文書をカタログと一緒に顧客に送付すれば、ギフト品のリピートオーダーを促すことができるので売上アップに使えます。

予約注文書は自社のロゴを入れたりレイアウトの変更が可能です。販促に役立つおすすめ商品という機能も備わっています。受注伝票を入力する画面に、過去に顧客が購入した商品が表示されます。

関連商品を購入している場合、対象のユーザーに対していち早く販促活動をおこなえるので非常に便利です。受注管理ツールから効率よくユーザーに対して販促できるツールが沢山備わっています。うまく利用すれば売上アップを見込めるでしょう。

分析ツールで今後のマーケティングに活かせる

ネットショップ一元管理システムには顧客の利用状況の分析ツールも備わっています。うまく利用をすれば今後のマーケティングに活かせるので非常に便利でしょう。例えばCPM分析というものがあります。

CPM分析を利用すればユーザーを属性別に分類して購入金額や利用状況などを明確に調べることができます。ユーザーがどのようなタイミングで離脱したのかも分析できるので、サービスを継続してもらうための施策を打ち出すことができるでしょう。

また少額で安定してサービスの継続利用をしているユーザーのみにアプローチする計画も立てることが可能です。リピーターを稼ぐためにCPM分析は利用できるのでうまく使うことがECショップ成功のコツです。

ABC分析は対象となる商品や都道府県などの情報を重要度別に分類するものです。重要度を分析すれば在庫商品の資産的価値の評価をすることができます。例えばどのような商品がECショップで売れているのかをABC分析により把握することが可能です。

在庫状況を確認して売上のあまり良くない商品は取り扱い停止にするといった作業も簡単におこなえます。店舗の売上で上位に入る商品は在庫状況を確認して品切れしないように調整をするといった作業もできるのが、ABC分析のメリットです。

お店では顧客獲得のために多くのキャンペーンを展開します。送料が無料になるサービスや、新規の顧客には商品代金10%OFFのクーポンを配布するなどお店によってキャンペーン内容はさまざまです。

ネットショップ一元管理システムでは分析結果を利用して最適なキャンペーンを作成できるツールまで用意されています。例えば誕生日が近い顧客に対してお誕生日クーポン500円分を配布するといった作業も簡単に実行可能です。

従来までの一元化システムでもキャンペーン管理ツールはありました。主導で販促企画を適用していたいので設定を間違えることがあったのがネックでした。最新の管理システムはユーザー属性を考慮して自動的にキャンペーンを適用させるので非常に便利です。

予め条件を設定しておいて合致するユーザーのみに適用されます。そのため設定を間違えてしまうといったヒューマンエラーの危険性もありません。

 

ECショップの運営をできるだけ楽にしたいときはネットショップ一元管理システムを利用してみましょう。便利な機能が沢山備わっているツールなのでECショップの運営をするときに非常に便利です。

例えば複数のネットショップの在庫をまとめて管理できるツールがついています。それぞれのショップの管理画面にアクセスしなくても、簡単にまとめて管理できるものなので業務負担を大きく減らすことが可能です。

またリピート通販の管理や予約注文書の作成ツールも付帯します。リピート通販は顧客ごとに休止や禁止曜日などを細かく指定できます。分析ツールはマーケティングをするときに利用可能です。ABCやCPA分析をおこないリピーターを育成することができるのがメリットです。

サイト内検索
記事一覧