ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの一元管理システムの機能性を調べる方法

ネットショップを経営する上で欠かせないのが一元管理システムの導入です。

一元管理システムでは、商品登録から出品、受注管理を一貫して行えるもので、これにより商品の流れなどを調べることが簡単となって、経営を効率化することができます。

個人経営で使用するにしても、管理方法をひとつにまとめることができるので、無用なトラブルを避けることができますが、一元管理システムといってもさまざまな機能があります。

ネットショップの一元管理システムの基本的なスペック

ネットショップのための一元管理システムに求められる基本的な機能としては、商品情報の登録、その商品情報をもとにインターネット上にあるお店やオークションサイトなどへの出品、購入者が現れた場合には、それに対する注文受付作業と入金方法や発送方法の選択処理および入金確認、発送のためのサポートする機能です。

これらを一元管理することによって注文状況を把握することができ、注文から発送までの作業をサポートしてくれます。

起こる可能性のあるトラブルとして入金確認を忘れたり、入金がされているにも関わらず発送を忘れてしまうことを防ぐ効果のほか、発送するさいのサポートでは、梱包すべき商品の伝票を印刷し、また発送伝票の印刷を行うことで、梱包発送作業をスムーズにすることができます。

あとから伝票を貼り付ける作業は、誤発送のリスクを高めることになりますが、梱包作業と発送伝票貼り付けを同時に行えば誤発送のリスクを最小限にすることできます。

複数の人が経営に携わっている場合には、仕事に必要な情報を最小限にするといったことで間違いを防ぐことも可能です。

一元管理システムの便利な機能性

ネットショップ経営では、パソコンを使ってさまざまな情報をやりとりするため、そのデータは自動的に蓄積されていくものですが管理されていない状態ではそれらのデータは活かされることなく終わってしまいます。

一元管理システムでは、データを利用することも前提に作られています。

もっとも基本的な機能は在庫管理で、登録した商品情報に在庫数を付与し、さらに売れることで自動で在庫数を減らしていけば、在庫上情報を自動で知ることができます。

また販売情報は売上集計に直結しますので、会計ソフトと連動させることができれば、会計処理の負担を大幅に軽減することが可能になります。

このような機能性から大幅に経営を効率化することができ、手動でやっていたことを自動化させることが出来ます。

このような機能があることで個人経営であれば自動化によって負担が軽減されることで、より多くの注文に対応することが可能になりますし、多人数で経営を行っている場合にも、管理を行うための人員を割かなくてよく、またデータによって経営が可視化されることで、効率よく経営することが出来ます。

誰でも簡単に導入することができる

インターネット上にはさまざまなサービスを提供する会社が多くありますが、ネットショップの一元管理システムもひとつのジャンルとなっています。

もともと、このようなサービスには需要がありましたが、ソフトウェアをパソコンにインストールして利用するといった方法は必ずしも効率的ではありませんし、運用する側にとっても、アップデートに対応する作業などが必要になります。

このことから、導入をするといった場合には一定規模になってからというケースも多いものでしたが、現代ではクラウドサービスによって誰でも簡単に導入することができるようになっています。

クラウドサービスはインターネット上にあるサーバーからサービスを提供するもので、面倒なソフトウェアのインストールが不要でセッティングも最小限に行うことができます。

またクラウドサービスでは月額使用料という形で料金が発生する仕組みとなっており、システムを独自に導入するよりも安価に利用できるのが大きな特徴です。このため個人レベルのネットショップでも一元管理システムを導入できるようになっており、幅広く使われています。

データを活かすことで経営力を高める

ネットショップの一元管理システムに求められる基本は在庫管理や受注管理を行うことで、入金や商品発送といったものを滞りなく行えるようにサポートすることです。

これらは特に注文件数が増えたり、商品点数が多い、複数の人が経営に携わる場合などには必要不可欠です。

しかし、その一方で蓄積されたデータを活かす取り組みもされています。受注面で見れば売れ筋商品を見極めて在庫を増やしたり、また商品の回転率を高めるために滞留在庫を減らすことができ、特に季節物や販売期限がある商品については重要な要素になります。

また顧客情報管理も行うことでアフターサービスを行いやすくなります。これらは人間がデータを見て判断することになりますが、システム開発会社によってはAI(人工知能)を用いた経営支援を目指すところもあります。

これらは本来の一元管理システムの範囲内のことではありませんが、経営力を高める面では、まずは一元管理システムを導入することが大事で、そこで得られたデータを活かすことができれば、より効率よく経営を行うことができますし、ネットショップを拡大していく意味でも有益なものです。

ネットショップ一元管理システムを導入する際のポイント

ネットショップ一元管理システムといっても多くのシステム開発会社が参入しており、選択肢が豊富です。

このため導入する際には、どれがマッチしているのかわかりにくく調べる必要があります。導入するさいのポイントとしては機能性よりも費用を考えることが大事です。

あくまでも経営を手助けするためのシステムであり、得られた利益の中からその使用料を支払うことになりますが、コストが高いシステムはすなわちランニングコストの増大に繋がります。

少数販売かつ利益率が高い場合には、それほど気にするものではありませんが、薄利多売タイプの経営ではこのコストが足かせになります。

このため現時点での利益の中から出せる範囲のものを選ぶことが大事です。

コストとしては、利用しやすいものでは月額使用料が1万円とプラスして受注件数に応じて課金されます。課金は件数によって変動しますが、相場としては5円から25円です。一方で課金がないようなプランの場合には初期費用が月額使用料が高めに設定されています。

初期費用としては3万円から10万円程度で月額使用料は件数に応じて設定され無料から5万円程度です。このためすでにネットショップがある場合には、自社の売上状況を見てシステムを選ぶのが費用を抑える意味でもポイントになります。

ネットショップの一元管理システムの機能性を調べるには?

システムを導入する前には機能性を調べることが大事ですが、その前に、どのようなシステムがあるのか知る必要があります。

たいていはインターネット上に紹介サイトがあり、有名所のものを知ることが可能です。ただ選ぶ時には現在使っているネットショップに対応しているかが必要です。

ほとんどのものは大手の楽天やヤフーショッピング、アマゾンなどに対応していますが、新興のショッピングサイトに対応していないところもあるので、そのような場所に出店している時には気をつける必要があります。

一方で、機能性を具体的に調べる方法としては、無料体験版を使うことです。多くのシステムでは、まずは触れてもらうために無料期間を設けていたり、無料体験として機能制限をしているものなどがあります。

それらを使ってみて操作性を確かめることが可能です。またカスタマイズできる程度も重要で、自由度が高いほど経営に必要な改良を行えます。

いずれにしても、システムは一度導入すると簡単には変更することができませんから、費用対効果が十分なシステムであるかを確かめた上で、導入することが大切です。

サイト内検索
記事一覧