ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの一元管理システム導入で出来ること

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/03/11

複数のネットショップを運営しているという場合、基本的な発送業務までの流れなどには重なる部分が多いのです。

そうした共通部分をさらに効率的に行うために注目されているのがネットショップの一元管理システムです。

この仕組みを利用するとネットショップ運営にかかわる業務をさらに効率化できるのです。そこで、このシステムでできる事についてご紹介してみたいと思います。

在庫や商品情報を一元的に管理できる

ネットショップの一元管理を導入すると、複数のモールで管理している在庫や商品情報を一元的に管理できるといったメリットがあります。

短時間で複数の総合販売所における在庫情報を一括更新することができるため、とても便利な上に在庫や商品情報の更新に漏れもなく、複数のショップで正確な情報を同時提供できます。

以前であれば、例えば注文が入ってモールのショップの商品の数が減った場合、他のショップではまだその情報は反映されておらず、個別に更新手続きを行うまでは古い情報のままとなっていたということもありました。

しかし、こうしたシステムを活用することで、新しい情報をデータベースに取り込んで全てのショップの情報をすぐに更新させることができます。

こうしたことで、在庫の少ない商品や一点しかない希少性の高い商品も複数のモールで販売することができるため商材の幅が広がるというメリットもあります。

複数モールで現在ある商品数に関する管理がなされていたとしても、一元的に管理することで、二度手間やミスを防ぐといった効果も得られます。つまり、このシステムでショップ側とカスタマー側の情報の行き違いが未然に防げるのです。

問い合わせなどにも迅速に対応できて商品登録も効率化

複数ショップの一元管理システムを利用すると、複数ショップにおける注文処理の進捗状況や在庫に関する情報をリアルタイムで更新することができます。

そのことで、カスタマーから受注案件の問い合わせがあった場合に迅速に対応することができるのです。 一元管理をすることで手元ですぐに現在の状況を把握することができます。

そのため、確認作業の手間や時間を省略することができ、事務的な対応についても迅速に対応することができるという利点が得られるということなのです。

さらに、商品情報を一元管理できると、一度の商品登録を全てのショップで反映させることができ、一回の登録作業で全ての作業を完了させることが可能です。商品に関する情報や商品の写真、カテゴリー別の情報など、商品情報には様々な作業が必要になります。

こうした多くの情報を一元管理させることによって、データベースの中に情報を登録できるため、作業負担が軽くなるだけでなく、膨大な情報から必要な情報を見つけやすくなるといったメリットもあるのです。したがって、お客様からの問い合わせに速やかに対応でき、商品登録作業も効率化できます。

一元管理システムは複数ショップ運営時の作業を軽減

通信販売市場が大きくなっていくに連れて、通販システムはますます重要になってきています。

通販システムは通販事業を支えている販売業務やデータ管理などのソリューションシステムともいわれていて、通販という仕組みを維持する上で不可欠な存在なのです。

そうした仕組みの維持をより効率的に行えるネットショップ一元管理システムという方法が在ります。 このシステムはこれまで個別に対応していた複数のネットショップでの業務をシンプルにして時間短縮させることが可能であったり、効率的な複数のショップ運営を可能にするというメリットを持つ仕組みとして注目されています。

複数のネットショップを運営する場合、同じような作業を違ったモールでそれぞれに行うという事になる場合が多いと言われています。 通販における流れは大体の点で共通するところが多く、受注し、メール連絡し、発送の手続きを行って発送するといったプロセスになっており、その過程でカスタマーからの問い合わせなどに対応するといった流れがあると言えます。

ショップの一元管理システムは、こうした流れの共通部分などを統合して実施することができます。

時間短縮だけなくミスの発生も抑えられる

一元管理システムは複数ショップ運営時の作業を軽減させることが可能ですが、作業時間の短縮も図ることができます。

通販のプロセスでは商品が注文されてからカスタマーの手元に届くまでの間には、受注や売上登録、在庫管理に関する情報連携、そして顧客管理や発送といった一連のプロセスがあります。

こうしたプロセスで必要とされる業務の全てをショップ側は処理していくことが必要とされるのです。 この様な通信販売で複数ショップを運営する場合、注文の一つ一つに対してこうしたプロセスが必要とされますが、一元管理システムを導入すると受注チャネルが様々あってもウェブ上で注文が受け付けられる段階から全てまとめて管理することが可能なのです。

この点は時間短縮といった効果につながります。受注チャネルが多様化しているとそれぞれのシステムが分かれているので、連携させたり統合させたりするのに時間や手間がかかります。そうするとミスなどが生じる可能性も高まっていくため、このシステムを活用することで時間短縮できるだけなく、ミスの発生も抑えられるといったメリットが得られます。

コスト削減に繋がる効率性が得られる

ネットショップの一元管理システムを用いると、受注や顧客や在庫の管理、入金確認から出荷プロセスといった流れがそれぞれ自動的に管理され一元的に扱えるといったメリットがあります。

このことで作業時間の短縮を図ることが可能になり、その結果、コスト削減効果が期待できるというメリットも得られます。

時短効果によって、人件費なども削減していくことが可能です。

これまでであれば、ネットショップの商品発送には複数の場所で様々な作業や人手が必要でした。しかし、このシステムによって統合的にこうしたプロセスを一括してひとつの場所で自動的に素早く行うことが可能になります。

複数のショップで個別対応していた作業を全てまとめて管理することができるため、業務がとても効率的になります。その結果、時短効果が得られ、費用対効果上の利点がもたらされるという結果につながるのです。

つまり、こうしたシステムを導入することで、一元管理システムを導入する際にかかった費用よりも削減可能な経費が大きくなり、コスト面の削減としても効率化としても同時に利点を得ることができると言えます。

分析作業もしやすくなって機会損失も防げる

ショップの一元的な管理システムを採用することで、分析の一元管理もできるようになります。

複数ショップを運営する場合にはこの機能はとても有用な機能と考えられます。全ショップのデータを一つのシステムで管理することができるので、売上に関する管理や顧客分析といった分析業務を行うことができます。

そして、月ごとに決算処理を行ったり、それぞれのショップのデータを自動でまとめるといった作業も簡単になります。

データ分析作業も正確でスピーディに行うことが可能になり、そうした情報をマーケティング活動に役立てたり、販売促進のため戦略作りに役立てたりすることができます。

こうした事は変化が激しいECビジネスでは重要な点だと言われており、売り上げアップにつながるだけでなく販売機会の損失を防ぐといったことにもつながるといえます。

正確な在庫管理は在庫過少による販売機会の損失や売れ残りによる商品処分を減らすことができます。そのため、こうしたシステムを導入するとできることが多くなり、複数ショップを運営する場合にはとても効率的でメリットが多い運営ができると言うことなのです。

サイト内検索
記事一覧