ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショッピングの一元管理システムでよくある疑問を解決

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/03/12

ネットショップを運営するにあたって、これからネットショップを開業しようとしている方から、もうすでに始めているがどのように進めていけばいいかということがわからないような場合があります。

今回は、そのような場合によくある疑問点を例に挙げながら解決方法を述べていきます。これから始める方にも参考になるような話なのでぜひ参照してみてください。

そもそも一元管理とは何かということ

ネットショップのことは理解できていても、一元管理自体のことについてわからないような場合もあるでしょう。

一元管理とは、様々な存在する業務を全て一つで管理をするということになります。

つまり、ネットショップの場合では、複数存在するサイトの業務内容と情報を一括管理することになります。

ネットショップを複数運営している場合に多いことになりますが、複数だからこそ他の業務内容と混同してしまうなどの問題が起きやすくなってしまいます。

そのようなことにならないために、生み出されたのが、一元管理システムになります。

一元管理システムの利点は、複数のジャンルが違う店舗のものでありながらも、庫状況などを一括してみることができるので、一つの管理画面さえ管理しておけば、他の店舗の管理をしていることにもなるので、非常に効率的です。

顧客とのメールのやり取りもまとめて管理できるので、安心です。空いた分、人件費なども削減することができるでしょう。

その余った時間と資金についてはこれからの売上を上げていくための施策の資金や時間に充てることができます。

店舗を運営していくための相談はできるか

ネットショップを始めた人の中でも、初めての場合は特に運営が合っているかどうかなどについて不安になる場合があるでしょう。

そのような際には、相談をすることができます。例えば、ネットショップを出店する際に活用したサービスには顧客サービスとして疑問点などがある際に相談をすることができます。

一元管理システムだからと言って何も自分で全てを行わなければならないということではありません。

ネットショップを運営しているような企業はその運営の経験に基づいた実践的なノウハウを皆さんに伝えることができるので、安心して相談をすることができるでしょう。

例えば、どのようにしたら見やすいレイアウトで商品を表示させることができるかなどの質問もすることができます。質問内容が具体的であればあるほど、より実践的で効果的なアドバイスをすることができるので、何が問題になっているかということをまずは把握しておくようにしましょう。

相談に関しては、サービスの営業時間以内であればいつでも相談をすることができるので、どのようなことでも気軽に尋ねてみることをお勧めします。

一元管理システムは何に応用できるか

今まで一元管理システムを使っていなかった場合には、それを導入することによって得ることができる利点を知っておきたいでしょう。

先ほど挙げた例としては、在庫管理やメールの管理などが挙げられましたが、その他にもまだ応用することができることはあります。

例えば、分析をまとめて管理をすることができます。このことの何がいいかというと、以前は店舗ごとの運営をしていた場合には、その売り上げ状況も個別になっていたはずです。

個別になっていたということは分析をしていく際にも、あるひとつの店舗の状況だけで考えていく必要があります。

他の店で得られた売り上げ情報と照らし合わせることもできるでしょうが、時間がかかってしまいます。

そのような時に一元管理システムを活用すれば、複数店舗の売り上げ情報をまとめて管理することができます。

これによって、どの店が一番売れ行きが良くないということをグラフを通して一目瞭然に把握することができるので、非常に効率的な運営をしていくことが可能です。

データ分析を素早く行うことで、同じような分野で勝負をしている競合よりも先に進むことになります。

ユーザーごとに利用する範囲に制限はできるか

ユーザーをカテゴリ別に利用できる範囲を制限することもできます。

つまり、あるユーザーはあるジャンルのものだけを見れるようにすることになるということです。特に、見れるサービスが多すぎても利用者は混乱してしまうことを考えると、制限することが必要な場面も考えられます。

そのような場合には、管理画面からユーザーの種類ごとで分ける作業を先に行っておくことで可能になります。管理画面の種類にもよりますが、大抵の場合には管理画面で顧客情報を把握することができる画面があるのでそこから編集作業を実行することができます。

ユーザーによっては購入したい商品がそれぞれ異なっているので、その好みに合わせた範囲に制限をかけることが可能です。

こうすることで、本当に購入したい商品があるようなページ内だけでユーザーは行動をすることができます。

逆に、自分の好みではないような商品が大量にあるページに誘導された場合には、その顧客は自分の好みではない商品ばかりのため、そのサイトから去ってしまう可能性があります。そうならないようにするために、最初に訪れる際に条件を絞り込むことができるようにすることも可能です。

関連商品を紹介することはできるか

顧客があるページで気に入った商品を見つけた際には、関連商品を近くに表示させることができる機能があります。

商品の一つ一つはカテゴリ別で分類されることになるので、その購入ページにある商品と同じジャンルのものを表示させることができます。

そうすることで、ある商品のオプション的な意味合いで購入をしてくれる可能性があるでしょう。ということは、顧客がそのネットショップの売り上げをさらに押し上げるということに繋がります。

また、どのようにして売り上げが上がっているかということについては管理画面で全て確認をすることができます。例えば、ある顧客がどのページからその商品を購入することになったかというような動きを運営側が確認をすることになります。

この確認作業で得られることは、関連商品の画面を添付していた場合とそうでない場合とでは差があるなどと実践的に確認をすることができるということになります。

その他にも、できることはたくさんあります。サービスのサイトだけではできることがわからない場合は、電話やメールなどで相談をしてみることをお勧めします。

顧客に対する各種対応はできるか

例えば、納品書を印刷することで顧客側に商品の情報を細かく伝えることができるでしょう。

顧客の方でも、きちんと商品の状況を確認できるので安心できます。

れ以外にも、不良品が発生した場合には最高の状態の商品に取り換えるためにも返品作業が必要になります。返品処理には、該当している商品を在庫から減らしておくことで、不良品を新しいものと取り換えることが可能になります。

ここで、管理画面を見ることで、どのような種類の商品をいつどこで返品したかなどということを確認することができるので、これからの改善要素の資料としても役立てることができます。

返品処理が行われる際には、顧客側にメールが送られるようにすることができるので、安心です。

また、新しい商品がいつ到着するかということについても確認できるようなメールを送ることもできます。返品したり、商品が売れたりすると在庫が変化することになり、自動的に在庫の連携作業が行われます。

この在庫の連携をしてほしくないような限定ものとしての商品などがある場合には、その商品だけ連携作業の対象から外すことができます。

サイト内検索
記事一覧