ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの一元管理システムは自分に合った性能に特化したものを選ぼう

昨今ではネットショップを運営している企業も多くなっていますが、その中で重要となるのが一元管理システムです。

全ての店舗を一元的に管理することによって、効率と安定性を保つことが出来ます。

それぞれの店舗ではカートの仕組みや支払い方法の選択など、同じような仕組みが採用されているので一括で管理することが重要となっています。性能に特化した品物を売る際にも大切です。

受注の一元管理システムについて

ネットショップではそれぞれの店舗ごとの商品を発注することが重要となります。

店舗によって特色が異なっているのでとにかく均等に受注すれば良いというわけでもありません。ソフトなどを使用して店舗に合った受注を適宜行う必要があります。

重要なのは各々の店舗に集まるお客さんは異なっているということです。どこで買い物をしたお客さんも最終的に自社の店舗まで導くことがネットショップの運営では重要となります。

受注内容の確認と振り分けが受注管理システムの大きな役割となっています。

しかし、ネットショップの場合は入金されてから発送、注文後メーカーに発注して発送などのケースがあります。全ての売買が在庫を抱えながら行うものとは限らないので、柔軟なシステムの構築が必要となります。

チャネルが増えることでステータス管理の重要性が高まります。有効なソフトを用いていないと人員をとにかく割くということにもなりかねません。そこで対応するモールやカートに合わせたサービスを行うことが大切です。しっかりと連携が取れているかについては逐一確認を行うようにしましょう。

メールの一元管理システムについて

ネットショップで購入するとその内容などを伝えるためのメールが送られてきます。クレジットカード決済など振り込みの情報が必要とならない場合でも、注文が完了したことや感謝の気持ちを伝えるためにメールが送信されます。

そういったメールは自動送信の仕組みになっていることが多いですが、注文内容に応じた内容にする必要があります。そのため、メールを一元的に送信することが重要です。

ネットショップにおけるメールとしては注文確定メール、支払い情報連絡メール、発送完了メールなどがあります。いずれもお客さんに安心してもらえるように安定した送信しなければなりません。

メール管理システムにおいて重要となるのが支払い方や販売する商品によって内容を変えなければならないことです。統一した内容を送信する仕組みにしてしまうと矛盾が生じる恐れもあります。

何かトラブルがあった際の証拠としても重要なのでメールの内容には注意しておきましょう。一元管理システムが上手くいっていると快適にショッピングしてもらうことが出来るので、利用者の増加につながることも多くなります。

出荷作業も一元管理することが大切

ネットショップは売って終わりというものではありません。確実に出荷を行う必要があります。最近では出荷までのスピードが速いことを売りにしているショップもあります。

円滑に出荷を完了させるには一元的に管理することが大切といえるでしょう。そこで重要となるのが送り状発行ソフトとの連携です。  出荷の一元管理システムの場合はまずネットショップから注文情報がソフトへと取り込まれます。

出力した出荷データを送り状発行ソフトを一括で出力し、送り状番号を発行する仕組みになっています。するとその番号に反映した発送連絡メールが送信される仕組みにあります。

他にもCSVファイルで出力できるアプリを利用することも出来ます。各配送業者に合わせて配送情報を出力することが重要となっています。

品出しへのスピードが遅いと購入者に迷惑が掛かってしまう可能性もあります。ましてや商品品出し漏れなどがあっては大変です。利用者に確実に商品を届けるためにそのシステムを確立することが重要といえるでしょう。

そのソフトを提供している会社が多くあるのでその中から選択していくのが一般的です。

在庫の一元管理システムについて

ネットショップの強みとなっているのが在庫を大量に抱えなくても良いことです。実店舗の場合は購入されると同時に在庫から商品を出してくる必要がありました。

しかし、ネットショップの場合は購入と在庫出荷のタイミングをずらすことが出来ます。これにより在庫を抱えてその商品がダメになってしまうというリスクが少ないという特徴があります。

ところがネットショップの場合は購入が一斉に行われることも多く、商品切れを起こしてしまう可能性も少なくありません。そこで倉庫との連携により、自動で正確な管理を行う必要があります。

残っている商品の数の更新が適度に行われることによって売りすぎてしまう心配もありません。  ネットショップにありがちなのが店舗ごとの残っている商品数に差が生まれるということです。

ショップトータルで言うと商品数が余っているにも関わらず、個々のショップでは在庫切れを起こしてしまうことがあります。利用者としては商品数がないと知るや否や他のショップに切り替えるのが自然なので、ショップは売るためのチャンスを失ってしまいます。そのことを防ぐためにも在庫を管理する重要性が高いといえるでしょう。

商品登録の一元管理システムについて

ネットでショッピングをしていると別のモールであるにも関わらず、同じような商品紹介ページが表示されることがあります。これは商品登録の一元管理システムが採用されている証拠です。

商品を大量に扱っているショップの場合、1つ1つのモールごとに商品登録ページを別にすることが難しくなります。それゆえに商品登録の一元管理システムを採用している企業が多くなっています。

利用者としても商品紹介ページの内容が同一であれば、同じ商品であると判断しやすくなり価格などを比較することも容易になるというメリットがあります。

仕入れ値の変化に伴う価格変更などの際にも一括で管理することが可能です。実力があるショップではこの連携が非常に重要視されます。

最近ではキャンペーンなどに伴って価格変更がなされる機会も多くなっています。その際に1つ1つの商品の変更を個々で行っていると大変なことになります。そこで一括での変更が重要となります。最初にシステムを確立することが出来れば、その後様々な変更があったとしても簡単に対応することが出来るので非常に便利なシステムといえるでしょう。

分析も一括で管理することが出来る

ネットショップには様々な顧客のデータや商品の売れ行きなどが記録されていきます。その分析結果はその後の販売戦略に重要な影響を与えます。

実店舗よりも情報収集が容易な点は大きなメリットといえるので、活用しない手はありません。

しかし、ショップごとに分析を行っているとまとまったデータを集めることが難しくなります。そこで重要となるのが分析を一括で管理することです。

性能に特化された商品を売るべきなのか、全ての方が買いやすいものを用意するのかといった判断も行いやすくなります。  商品の売れ行きにはブームのようなこともたびたび起こります。

とはいえ、ブームはランダムで起こっているのではなく、その伏線がそれまでにあるはずです。そのブームの伏線を拾い集めることが出来れば大幅に売り上げを拡大できる可能性もあります。

在庫を無駄にしないためにも非常に重要となっています。分析を管理することによって状況は大きく変わります。幅広い管理を別々に扱うとコストが大きくかかってしまいます。よって幅広い管理を一元的に行うことが非常に大切な要素となっています。

サイト内検索
記事一覧