ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの一元管理システムの基本的な操作

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/03/12

複数のネットショップを運営するにおいて、一元管理システムを導入すると便利です。

分かりやすい操作画面になっておりメール管理などを自動的に行うことができます。

注文メールをベースにして在庫数を自動調整することができたり、設定された時間においてすべてのサイトやモールなどに一括反映することが可能です。

常に最新の状態を維持することができるので、リアルタイムで情報を把握することができます。

毎日の業務をスムーズに行うことができる

複数のネットショップを運営しているとさまざまな業務を行わなければいけません。

受注管理や出荷・在庫管理など作業の種類は多岐にわたっています。

一元管理システムを利用するとスムーズに日々の処理を行うことができ、さまざまな商品がリリースしているので自社に合ったシステムを選択することが可能です。

中には自社独自にアレンジすることができたり、オーダーメイドすることができるものもあります。

基本的にシステムを導入するとリリース会社が使い方や操作方法などを丁寧に教えてくれたり、さまざまなサポートを受けることが可能です。

無料で試すことができたり、シミュレーションすることもできます。

オンラインマニュアルが充実しているので、初心者の人も気軽に操作することができるでしょう。

システムのリプレイスは不要になっていて、更新やバージョンアップにも対応してくれます。クラウドタイプになっているものが多く、いつでもどこでもさまざまな端末で利用することが可能です。

常に受注や商品・在庫などの最新状態に管理することができ、大手ショッピングモールなどの仕様変更にも対応することができます。

さまざまな機能を利用することができる

一元管理システムでは商品情報や受注データなどの入力や出力、基幹連携や帳票といったことを独自にカスタマイズすることができるので便利です。

オプションとしてさまざまな機能を選択することができ、柔軟に対応してくれるでしょう。

カスタマイズした場合もシステムバージョンアップを無償で利用することができたり、常に最新アプリケーションの適用を利用することが可能です。

一般的に一元管理システムの機能追加や使い勝手を改善する更新などは、定期的に無料で実施してくれます。

バージョンアップはモールやマーケットの変化、消費者嗜好の変化などに合わせて臨機応変に対応してくれるので便利です。

いろいろなメリットがありますが、中でも複数のネットショップ業務を一つの画面で管理することができるので便利です。

商品や在庫管理・受注管理などのネットショップ運営に必要な業務を一つの画面で管理することができ、気軽に操作することができます。基盤作りから大規模店舗におけるカスタマイズまで対応しているので、自社のシステムに合ったシステム方式にアレンジすることが可能です。

業務効率化をすすめることができる

一元管理システムとは管理体系が一つに纏められている状態のことで、ネットショップにおいてどのような商品を扱っていても受注や在庫管理・商品管理といった管理業務は必ず必要になります。

適切な管理システムが構築されていないと、業務時間が増えたりコストを増やすことになります。

一元管理システムを導入することによって、受注管理において受注してから注文確認や出荷完了メールなどの一括送信はもちろん、送り状発行システムと連携することができるので対応の漏れを防ぐことが可能です。

間違った出荷などのミスをゼロにすることができ、物流業者と素早い連携が可能になるので業務の効率化をすすめることができます。

大手モールに利用されているシステムと連携することができるので、受注管理~出荷・在庫管理などを一貫して管理することができるので便利です。

物流や決済サービスと連携することができ、自社のシステムに合った仕組みを構築することができます。

ネットショップの複雑な業務を効率化するのに便利で、例えばある商品を登録すると全店舗に向かって一斉出品することができ、同時に在庫同期が行うことが可能です。全店舗において取り扱っている商品を把握するのに便利で、販売機会を損失することなくスピーディに処理することができます。

適切な在庫管理を行うことができる

一元管理システムを利用することによって、スムーズな在庫管理を行うことができます。

複数のネットショップで販売している同じ商品の在庫数を管理することができるので、店舗毎の在庫数を調整したり販売機会の損失などの問題を解決することが可能です。

どこからでもアクセスすることができ、操作も簡単で作業場所に縛られません。

登録する際のタイムラグを最小限にすることができ、常に最新の状態を把握することができるでしょう。

例えば大手サイトで5個あった商品が3個売れたので残り2個になった場合、受注メールから販売個数を取得することで在庫数が2個に自動的に変更されます。リアルタイムで他モールの商品数に反映することができるので便利です。

大手モールでのアイテム数をすぐに把握することができるので、管理に費やしていた時間やコストなどを削減することができます。

他のシステムと連携することができるので、実店舗と倉庫などとの連携を実現することが可能です。自動的に反映される仕組みになっているのでヒューマンエラーをなくすことができ、業務改善に繋げることができます。

業務時間や人件費を削減することができる

在庫管理にはいろいろな機能があり、複数のネットショップの商品数を纏めて一元管理することができるので各モールの画面にログインしなくても管理画面だけで更新することが可能です。

管理に費やしていた手間や時間を削減することができ、業務時間や人件費などを大幅に削減することができるでしょう。

手作業での起こりやすいミスやトラブルなども防ぐことが可能です。作業時間の短縮により空いた時間は販促活動といった別の業務に有効活用することができ、コスト削減に取り組むことができます。

全体の商品数を各ネットショップの在庫として明確に表すことができるので、実際商品があるのに「在庫なし」と表示されることから商品を販売できなかったという機会損失の問題などを改善することができるでしょう。

他のさまざまなシステムと連携することができるので、更新に必要だった時間を短縮することができます。最新のアイテム数を各店舗に反映することができるので、アイテム数が変わった場合は自動的に各モールの在庫数を纏めて更新してくれます。

売れ過ぎて在庫がないといった売り越しによるトラブルなども軽減することが可能です。

出荷管理でのミスをなくすことができる

一元管理システムを利用すると従来では無理だった作業を自動化することができるので便利です。

例えばギフトセットとして商品ABCといったように商品を組んだ場合、単品で在庫管理する商品ABCとして関連付けすることができ、同時にセット商品の在庫数を管理することができます。

セット商品に含まれる商品の在庫がなくなると、自動的にセット商品の販売が終了したり残りの商品は単品として販売することが可能です。

中にはネットオークションにも対応しているものがあり、例えば入札が入った時点において在庫が計算されるので確実に商品を入手することができます。

時間をかけ落札した後在庫切れだったことが分かると、クライアントの信頼を失うかもしれません。

ネットオークションを行うにおいて不可欠な機能を使って顧客損失のリスクなどを軽減することが可能です。

配送管理では各配送業者の送り状発行システムと連携しているので、出荷データの一括出力や取り込みなどを行うことができます。

送り状番号(配送番号)が反映された連絡メールが購入者に自動送信されたり、各モールに荷物番号が自動的に連絡されるように設定することが可能です。出荷業務をシステム化することによって、手作業を削減することができヒューマンエラーを減少することができます。

サイト内検索
記事一覧