ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

顧客満足度が高いネットショップの一元管理システムの特徴

たくさんのショッピングモールに出店し、独自のドメインサイトを持ち多店舗展開を行う場合、受注情報や商品の管理、在庫や発送処理といったデータが膨大になるものです。

ミスしたり在庫切れなど、トラブルやせっかくのチャンスを損失するかもしれません。

さまざまなデータ管理を効率良く行うため、一元管理システムを利用すると便利です。コストを抑えることができ業務効率化を進めることができます。

さまざまな業務を纏めて管理

ネットショップの一元管理システムは複数サイトにある情報などを纏めて管理することができます。

いくつものネットショップを経営していると、受注や在庫管理などのさまざまな業務を店舗毎に行うことがありますが、それぞれの作業を各モールやカートにおいて管理すると作業が複雑化したり煩雑化するでしょう。

他のネットショップとの連携をとることが困難になります。このようなさまざまな問題を解決するのがネットショップの一元管理システムで、一つのシステムに纏めて管理することを可能にします。

一般的な業務として受注処理や出荷処理、メール送信や発注仕入などのネットショップを運営する場合必要な機能が搭載されており、業務のほとんどがシステム上で完結することが特徴です。

会計ソフトなどの外部システムとも連携することができるので、基幹システムとして機能することができるでしょう。各店舗において手動で行っていた業務時間を削減することができたり、人件費をカットすることができます。新たにできた時間やお金を本来行うべき売上アップ施策や顧客満足度の向上などに充てることが可能です。

受注の一元管理を行うことができる

受注の一元管理を行うことができ、各店舗の受注を一つの画面で確認したり処理することが可能です。

入金待ちや発送待ちなどの状態によって、受注状態別に振り分けることができオーダー状況を把握することができます。確認処理を自動化することによって漏れやミスなどを予防することが可能です。

複数店舗の注文状況を画面で管理することができ、自動処理することができます。クライアントの住所や注文商品、支払方法やギフトラッピングなどの情報を保存することができ、それぞれの店舗にある画面にアクセスしないで受注確認から出荷業務までを実施することが可能です。

モールには自社で出店したり販売しているものもあるので、迅速なアップデートを行うこともできて便利です。

さまざまな業者と連携することができ、問合せ管理システムと連携することでクライアントへの問い合わせも素早く対応することができ、顧客満足度の向上に繋げることができます。受注状況は自動進行されるので、確認する注文や出荷できる注文をすぐに把握することができるでしょう。

対応の抜けや漏れなどを防ぐことができ、クライアントからのクレームを削減することができます。いろいろな機能を拡張することができ、自社独自のシステムを構築できるものも販売されているので便利です。

さまざまなメールを管理することができる

取引に関係するメールを一元管理することができ、注文や発送連絡、フォローや入金確認メールなど、さまざまなメールを管理することができます。

一つの注文には多くのメールを送ることがあり、定型文メールなどをテンプレートとして登録していると一元管理システムが自動的に送信してくれるので便利です。メールディーラーのメール管理ソフトと併せて利用することで、クライアントからの問い合わせも一元管理することができるでしょう。

決済方法や購入商品などに関して、さまざまな場面に合わせてテンプレートを設定することができ、クライアントに合わせてメールをアレンジする必要がありません。

自動的にメールが送られるので時間や手間などを削減することができます。他社のメールサービスの暗号化されたアドレスなどにも対応することができるので便利です。

メールテンプレート機能はアレンジする作業を少なくするのに非常に有効的で、購入店舗の種類はもちろんモバイルや発送方法、決済方法や購入回数など、いろいろな条件にテンプレートを作ることができます。こまめにメールすることで満足度の向上をアップすることができます。

出荷作業を自動化することができる

出荷作業を一元管理することができ、ピッキングリストや送り状ソフトに取り込むためのさまざまな配送データを一括管理し出荷作業を行うことができます。

送り状ソフトから出力される送り状番号データをシステムに取り込むことによって、番号が反映された連絡メールが自動的に送信される仕組みです。

各配送業者の送り状ソフトのデータを出力したり、取り込むことができるので便利です。送り状発行や送り状番号のある発送完了メールの送信といった一連の業務をスムーズに行うことができます。

従来の手作業を削減することができるので、ミスを予防することができるでしょう。他の会社と連携することができるので送り状番号を自動的に画面に反映したり、受注状況を完了することができます。ネットショップからのオーダー情報が自動的にシステムに取り込まれるので、出荷可能な商品の出荷データを出力することが可能です。

配送方法毎に振り分けたり、出荷データとして一括出力することができます。出荷データを送り状発行ソフトに取り込むことができ、送り状番号が反映された発送連絡メールが購入者に自動的に送信されるよう設置することが可能です。出荷作業に関する作業を自動化することができるので、ミスを少なくすることができスムーズに処理することができます。

在庫情報を最新の状態に維持できる

在庫の一元管理を行うことができ、商品が売れたらその分全店舗から引くことで在庫数を最新の状態に維持することが可能です。

調整をシステムに任せることができるので、この機能によって多くのネットショップが業務改善を実感しやすい部分になります。各ネットショップからのオーダーを自動的に取り込むことができるので、情報を元にして各店舗と連携することが可能です。

連携することによってこれまで手動で行っていた更新の手間や時間をなくすことができます。店舗毎にある差異をなくすことができ、売り残しや販売機会の損失などのリスクを回避することができるでしょう。

運営するネットショップの全店舗を常に最新状態に維持することができるので、更新の時間や手間が削減できその分他の業務に時間をあてることができるようになります。入庫や仕入なども処理することができ、各店舗でバラバラだった商品情報などを一元管理することができるので便利です。すべての在庫状態を確認することができるようになっているので、過去の動きを確認することができデータ分析に活かすことができます。

データ分析するのにスムーズ

さまざまな分析を管理することができ、全店舗の売上管理や顧客志向といった解析業務を行うのに便利です。

月次の決算処理などの経理業務や各店舗データを手動で纏める必要がなくなります。素早くデータ解析を行うことができ、ライバル会社より一足早く先手を打つことができるでしょう。

ショップ運営においてデータ分析は現在の状況をチェックするために必要不可欠な業務で、どの店舗でどれぐらい商品が売れているのかや人気商品はどれかなどについて、人の感覚ではなく数値で把握することが可能です。

新商品の開発や売上アップのためいろいろな計画を立てるのに便利です。店舗毎の売上管理を行ったり解析を行うことができ、キャンセル商品や送料、客単価やポイントといったネットショップならではのデータを分析することができます。

従来のようなデータ集計などに時間をかけることがなくなるので迅速に次の一手を実現することができるようになり、顧客満足度の向上に役立てることが可能です。ネットショップ一元管理システムを導入するといろいろなメリットがあり、業績を改善することに役立つでしょう。

サイト内検索
記事一覧