ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの管理をサポートする一元管理システムとは?

ネットショップ運営の一元管理システムという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

ネットショップの一元管理システムとは複数のネットショップを運営している場合に、複数のサイト情報や管理などの業務をまとめて管理したり、処理するシステムのことです。

そこで、ネットショップの管理をサポートする一元管理システムについてご紹介したいと思います。

ネットショップ一元管理システムとは?

ネットショップ一元管理システムとは、複数のショップを運営しているという時に便利なシステムです。

一元管理というのはひとまとめにして管理するということになります。 そのため、複数のネットショップ運営がより効率的になるということなのです。

複数のネットショップ運営を行っている場合、店舗ごとにお客様からのオーダーの受注処理や在庫管理などの業務を行う必要があります。 そうなると、商品発送までの作業がとても煩雑化してしまうのです。

その都度そのモールのカートの管理画面から作業を行う必要がありますので時間もかかり、手間もかかります。 また、ネットショップ間の連携をとるということも難しくなってしまうという問題も生じます。

そんな時、ネットショップの一元管理は各ショップにおける受注や在庫情報などを自動で取込むことを可能にし、一つのシステムによってこれらの複数ショップの業務をまとめて管理できるのです。

したがって、各ネットショップの連携も個別に対応していた時よりも容易になり、効率的にショップ運営を行うことができるといったメリットがあるのです。

受注管理やメール管理ができる!

一元管理システムを活用するとどんなメリットがあるのでしょうか?

この点についてはまず、複数のネットショップの受注管理や在庫管理をより効率的に行うことができるというメリットが挙げられます。

一元管理システムは受注を一元管理することが可能になり、それぞれのショップの受注を一つの管理画面で確認することができたり、確認処理が自動化できるため管理業務がよりスムーズになるのです。

そして、受注に関する業務についての漏れやミスなども防げるといったメリットがあります。  例えば、入金待ち状態や発送待ち状態などの状況がステータス別で振り分けられて、注文状況が把握しやすいのです。

さらに、メールに関する一元管理も可能になります。 注文を処理していく時にはお客様に様々なメール連絡を出す必要があります。 例えば、注文の受注確認のメールや入金確認メールや発送メールなど、一つの注文にも複数のメール連絡が必要となります。 そうしたメールを定型化し、テンプレートを活用する方法によってタイムリーに自動送信していくのです。 こうしたメール管理が可能なのもこのシステムのメリットです。

業務のほとんどを一元管理システムで対応可能

一元管理システムを用いると複数ショップの受注管理やメール連絡などをより効率的に行うことができます。

そうしたメリットに加え、顧客からの問い合わせに対する対応もより効率的に行うことができ、スムーズになるといったメリットもあります。

ショップ運営ではお客様からの注文に対して多くのメールを送る必要があり、この様な定型文メールをテンプレートを活用することで一元管理システムが自動でお客様にメール送信を行ってくれます。 そして、こうした点とメールディーラー等のメール管理のためのプログラムと併せて使用することで、お客様からの問い合わせに対する対応もまとめて管理することもできます。

一元管理システムの多くは、受注に関する処理やメール送信、発注仕入など、ネットショップ運営に必要な機能が備わっているため、運営に関する業務のほとんどをこのシステムで完了させることができるということなのです。

そのため、複数ショップを運営する場合にはこうしたシステムは様々な業務を効率化させて、確認ミスや漏れなどを防いで業務をよりシンプルにしてくれるという利点があります。

送り状ソフトとも発送連絡メールも連携可能

複数店舗の一元管理システムを用いて行うと、他にも利点があります。

まず、出荷作業の一元管理機能を活用することで、出荷作業に伴う業務が効率化されます。 例えば、ピッキング用のリストや、送り状を作成するための配送データなどが一括で出力されることで出荷作業にかかる時間や手間を短縮することが可能です。

さらに、送り状ソフトとも発送連絡メールを連携させることもできるのです。 この機能では、送り状のナンバーの反映された発送連絡メールをお客様に自動送信することができるようになり、送り状ソフトの送り状番号データを一元管理システムに取り込ませるという方法によって連携をさせ、より便利に発送に関する管理を行うことができるのです。

加えて、在庫に関する一元管理も可能になります。 例えば、在庫が切れているにもかかわらず注文が入ってしまったということもあります。 この様な場合、在庫更新作業が間に合わないということもあり、このシステムを用いることでこうした問題を防ぐことができ、売り越してしまうということなくショップ運営を行うことができるということです。

複数ショップの在庫や商品データの一元管理もできる

この様な一元管理が可能なシステムには在庫連動機能をもち、商品が販売された時にはその情報を複数のショップに反映させることが可能です。

常に手元にある商品などの数が最新の状態に維持されるというメリットがあります。 この機能はこうしたソフトを導入する大きなメリットの一つで、手動による在庫調整が必要なく、全てシステムに任せることができるためにその都度、複数ショップのカート管理画面にアクセスして調整するという手間が必要ないのでとても便利な機能といえます。

この様な点に加えて、こうしたシステムには商品登録の一元管理が可能で、商品のデータを登録することで、各ショップに同じ商品情報を一括登録して一括編集することも可能になっています。

したがって、価格を変更したり出店しているモールでのSEO対策に関する業務なども複数ショップに一括で登録することができるため、1回で完了するというメリットがあって時短効果を得られるようになっているのです。

そのため、このシステムは在庫連動機能をもち、複数ショップの商品数や商品データを一度の作業でアップデートさせることができるという利点があるのです。

分析の一元管理もできてショップ運営をサポート

こうしたシステムは、全ショップのデータを一つの手続きで管理することができるというとても時間的効率性の高いシステムです。

そして、このシステムを用いるとそれぞれのショップの売上管理や顧客分析といった分析業務も効率的に行うことができます。 加えて、月次決算に関する処理という経理業務もまとめて行うことが可能です。

データ分析は状況の変化が激しいネットショップ運営では、プロモーション戦略を考える上でもとても重要です。

この様な分析機能が活用できるのもこのシステムの長所です。 また、昨今ではこのシステムは会計ソフトや決済会社などの外部のシステム連携などが充実しており、ネットショップ運営をより便利にすることができるのです。

このように、こうしたシステムにはこれまではそれぞれのショップ単位で行われていた作用を一括で行うことができるようになり、作業時間やコスト面などで重要な役割を果たし、ショップの管理をサポートしてくれます。  このシステムを用いることで、より便利に短時間でコスパよくショップを運営することができるという注目のシステムなのです。

サイト内検索
記事一覧