ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの一元管理システムはどこまで自動化できる?

複数のネットショップを運営しているという時、一元管理システムを活用するととても便利です。

一元管理に関する機能はどんどん進化しています。

ではこうした一元管理システムを用いるとネットショップ運営をどこまで自動化させることが可能なのでしょうか?

そこで、こうしたネットショップの一元管理システムがどの機能を持っていてどんなことが可能なのかをご紹介してみたいと思います。

ネットショップの一元管理と受注管理・在庫管理

ネットショップの一元管理は複数のネットショップを運営している時に大変便利な機能です。

一元管理を活用すると、受注から発送までに必要なプロセスに関する業務や顧客への連絡業務がとても楽になります。

複数のネットショップを運営しているとこうした業務が重なってきて、これらの業務を複数回実施するというよりも、この様な業務は内容ごとにまとめて統合してから行うという方がより時間的な効率性が高いのです。

一元管理を活用すると、複数ショップを運営している場合などには大変便利になります。

また、ショップ間の在庫などについての連携も容易です。一つのショップで販売が行われ、在庫数に変化があった場合、一元管理システムを活用しているとその情報をすぐに全てのショップで反映させることができるのです。

そして、ショップ間の在庫に関する業務を連携させることで、在庫管理も容易になります。

この様なネットショップの統一的な管理については、このように、具体的な情報を各ショップ間で共有させ、すぐにその情報の変化を反映させることができるといったメリットがあるのです。

登録・編集ページを自動化で一括更新できる

ネットショップの一元管理機能には複数ショップを運営するのに便利な機能が様々あり、受注管理や在庫管理といった便利な機能があります。

受注管理では顧客へのメール連絡が自動化で行われたり、一括して更新することで各ショップですぐにこのような情報が反映されると言った事も可能です。

昨今ではアマゾンや楽天市場などのモール型ネットショップサービスでのショップ運営も多く行われています。

このように、ショップを同時運営するという状況で受注や在庫の管理が複雑化している中、このようなショップの一元管理の自動化サービスはますますニーズが高まるでしょう。

複数のショップを運営する側にとって、受注管理や在庫連携はとても便利な機能です。

それだけではなく、こうした管理システムには商品ページの登録や編集に関わる機能を持っているのです。そしてこの機能では、商品登録や編集が複数ショップで共有されるようになっており、一度の作業で登録・編集ページの一括更新が自動的に行われるという機能もあります。

この点は複数のネットショップを運営する上で、たいへん便利な自動化機能です。

商品情報の一括更新もできるようになった

複数店を運営する場合、以前であれば商品ページを作成することは現在と比べるととても時間がかかっていた作業でした。

それぞれのショップごとに商品を登録し、編集していくというプロセスが必要だったからと言われています。

そうなると、あるショップで購入した商品情報については在庫がなくなった場合にはショップの商品情報から削除していく必要がありました。

この作業がショップごとに行われるため、時間がかかるといったデメリットがあったのです。さらに、顧客とショップ側で情報の行き違いなども出てしまうというデメリットもあり、在庫管理と同様にショップ運営側にとってはこうした作業は手間がかかっていたということなのです。

しかし、一元管理システムに商品情報の登録や更新機能が加えられ、複数ショップの商品情報を連携させて、一つのショップの作業だけで全てのショップの商品情報を一元的に自動的に更新させるということが可能になりました。

こうした機能は情報の同時更新まで可能にしてくれたのです。そのことで、作業の時短化が図られ、コスト削減効果も得られるようになったのです。

集計や分析活動も自動化によって行いやすくなっている

ショップの一元化システムが自動化という方法で可能にしてくれたことは受注管理や在庫管理、商品情報の一括更新も含めてとてもたくさんあります。

他にもこのシステムは売上集計や分析といった業務もより効率的なものとしてくれたのです。

複数ショップの売上集計作業は、それまではショップごとに行われていたのです。しかし、このシステムが導入されてから、こうした集計をまとめて行うことも可能になり、自動的に月次ごとに出すといったこともできるようになりました。

この様な作業によって、分析という業務も効率的に行うことができるようになり、そうした分析を販売促進活動に役立てるということも可能になりました。

このように、一元管理システムの自動集計機能によってマーケティングに関する分析を行うことも容易になってきたのです。

マーケティングに関連するデータを自動的に取得することができるようになったことで、ショップの売り上げ向上を図るための活動を行いやすくなってきたのです。そのことで、こうした分析を活用した販売促進活動も企画しやすくなっていると言うメリットもあります。

マーケテイング活動に役立てることもできる

複数ショップの一元管理を行うシステムを活用すると、自動的に取得された情報を基にマーケティングなどの企画を練るという活動も可能になってきます。

もちろん多くのシステムではメイン機能は受注や在庫に関する管理や商品管理や商品ページ管理などです。

しかし、コンテンツ・マーケティングをサポートするサービスなどの形で、販促活動に寄与する機能などが提供されているといえます。

さらに、他のシステム連携アプリなどが充実しているシステムもあり、特定のモールにおいてよく検索されているキーワードを集計するという、売上アップに必要となる分析データが取得可能なものもあります。

こうした自動化機能を用いて売れ筋商品を顧客に紹介するという活動に役立てることができるようになっているシステムなどもあるのです。売れ筋商品がはっきりしていくことで、ショップのモチーフなどもよりニーズに沿ったものにしていくことができます。

そのことは仕入れ数などにも反映され、売れる商品を多く仕入れるといったことで無駄なコストを削減するといった点でも効果も得られやすくなっているのです。

このシステムによって販売活動の好循環が図れる

ショップの一元管理のシステムを活用すると、様々な点で活用しないよりも多くのメリットがもたらされるでしょう。

自動化では、ベースとなる受注や在庫、商品ページの管理などを基に得られたデータを用いることで、自動的によりよい販売促進効果が得られる情報を取得することが可能になるのです。

そのことで、より市場のニーズに合わせてショップ運営を行うことができ、その結果、コスト削減効果も得ることが可能と言った好循環に繋がります。

こうした一元管理のシステムの機能をさらに活用して各ショップでの販売活動をもっと充実させていく事で、全体的な売り上げの向上を図っていくことができるのです。

このような一元管理のシステムでは、自動化によって複数ショップの運営活動をさらに充実させて、ショップ側に時短効果や作業の効率化に関する効果が得られる事が期待できるということだけでなく、そうしたショップ運営活動によって得られたデータを自動的に取得し、それを分析したり、マーケティング活動に用いたりすることもできます。

そうすることで販売活動の好循環を図ることが可能になるという事なのです。

サイト内検索
記事一覧