ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で13選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップを運営するなら在庫管理が必要!その理由をご紹介!

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/08/22

ネットショップを運営

「ネットショップにチャレンジしたい」「ネットショップの管理をもっと簡単にできないか」といった悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。特に、ECサイトの在庫管理は運営者にとって悩ましい問題。在庫の正確な管理が求められるため、気をつかう業務です。その在庫管理を簡単にするために、ぜひ一元管理の導入がおすすめです。

ネットショップの運営に在庫管理が必要な理由とは

ECサイト運営に一元管理の機能が必要といわれる理由は主に3つあります。

まず1つ目は、実際の店舗との違いがあることです。ネットショップは一般の店舗と異なり営業時間というものがありません。

ECサイト、ネットショップは、当たり前ですが24時間対応できないといけないため、夜中や年末年始、ゴールデンウィークなどにも正常にうごいていなければなりません。

休み中にECサイトがなんらかの問題を抱えてしまうと「休み明けにサイトを確認すると、発注やクレームが山のように溜まってしまっていた」といったことにもなりかねないのです。

2つ目の理由は、在庫管理ができていないと、商品がないのに受注してしまう状況になりかねないということです。

ネットショップの在庫が切れたときにすぐ発注などの対応ができていないと、顧客が「この商品はまだあるんだな」と思って注文してしまいます。

「サイト上で注文を受けたが、実際の倉庫にはもう商品がない」ということになると大きなクレームにつながりますし、そういったことが頻発すると顧客離れにもつながります。そうすればそのネットショップ自体の評価が大きく落ちてしまうでしょう。

3つ目の理由は、実店舗と違い、少人数で多くのサイトの経営をすることが多いからです。

ECサイト、ネットショップは、実店舗と違いひとりで多くのサイトを管理しがちです。

しかも、サイトが増えれば増えるほど、仕入れ、在庫管理、発送処理などが複雑になり、人的ミスも増えます。一元管理による在庫管理を使えば、それらの煩雑な処理を簡略化することができます。

ネットショップの在庫管理に関するよくある悩み

ECサイト・ネットショップを運営している方からよく聞く悩みがいくつかあります。ここではその中から代表的な3つをお伝えします。

まず1つは「複数のネットショップを管理するにつれて莫大な労力が必要になってしまった」というものです。

ひょっとすると「在庫の管理って、入ってきた商品と出ていく商品をちゃんと記録するだけでしょう?」と思う人もいるかもしれません。たしかに、管理するサイトが1つであれば処理が多すぎて対応しきれない事態にはなりにくいかもしれません。

しかし、経営するサイトが多くなればなるほど、山のような受注処理、発注処理、問い合わせ対応などをミスなく正確に管理することはむずかしくなっていきます。

これらのミスは、顧客によるクレームにも非常につながりやすいため、一元管理などを利用してミスなく処理できる体制を整えることが大切といえるでしょう。

2つ目の代表的な悩みは「仕入れ忘れ、発送忘れ、余剰在庫、在庫不足が頻繁に起きてしまって、対処が大変」というものです。

運営しているサイトが多くなればなるほど「Aのサイトは在庫調整をしたけれど、Bのサイトはまだできていなかった」などの事態が起きやすくなることでしょう。

ネット上には星の数ほどECサイト、ネットショップがあるため、仕入れの失念や発送のミス、在庫不足などをもし引き起こし、顧客の不満やクレームにつながってしまうと、そのことがサイトの評価・信頼を下げることにつながります。ひいては、存続にも関わってきてしまいます。

3つ目のよくある悩みは「最初はエクセルで管理しはじめたが、エクセルでの管理に限界を感じている」というものです。

ECサイト運営を始めた方のなかには最初、エクセルでの商品管理、在庫管理にチャレンジする方もいらっしゃいます。ただ、結論からいうとエクセルでの商品管理はECサイトの管理にはあまり向いていません

なぜなら、エクセルは在庫管理ソフトではないからです。エクセルを使用していると、そのときどきの在庫数変化を手打ちで反映していかなければならなくなります。

かなり商品数や在庫が少ないうちは、この方法でも可能かもしれませんが、商品数や運営サイト数が増えてくれば、このやり方が成り立たなくなることは明白でしょう。

ネットショップの在庫管理に関する悩みを解決する方法

前述した悩みに対応するためには、一元管理の導入がおすすめです。

まず、一元管理システムを導入することで在庫管理の自動化をすることができます。ECサイトの運営に特化した一元管理のシステムには、在庫管理を自動化してくれる機能があるため「顧客がAを4つ購入」「顧客がBを2つ購入」「Cの商品在庫が少なくなっているので自動発注」などの処理を、手打ちで行なうことなく自動で行なうことができるようになるのです。

これは、すべてを手打ちでやっていた人からすると革新的な変化といえるでしょう。多くのサイトを運営している場合に便利なだけでなく、サイトに張り付く必要がなくなります。そうなると、浮いた時間でマーケティングができるようになります。新商品の仕入れ、SNSや宣伝記事の作成など、これまで事務処理に追われていた時間を、生産的な業務に充てることが可能になるのです。

新たなマーケティングに注力できれば、サイトの知名度を上げることや評判を上げることもでき、ECサイトの継続的な運営にもつながっていくでしょう。

そして、手打ちから一元管理に変えることで、データを蓄積することができます。一元管理を導入したあとは、ソフトが自動でデータを蓄積していってくれます。そのため「どういった商品が人気か」「どの時期に売れ行きが上がっているか、下がっているか」などの情報をもとに、今後の販売計画や仕入れ計画を立てられます。

このような実績が積み重なれば、無駄なく商品を仕入れて、効率的に売上を上げていけるようになるでしょう。また、一元管理システムの機能は在庫不足、売り越しも防止してくれます。

「サイトには在庫があると書いてあったのに、注文したら在庫がないと言われた」という売り越しによるクレームを防止するために、在庫が一定以下になったら自動発注するという機能があります。売り越しは、苦情、不満につながり、サイトの評判・信用を大きく落とす最大限避けたいミスです。それを防ぐために、一元管理を導入している運営者は多くいます。

ネットショップの在庫管理は一元管理システムを活用しよう

一元管理のシステムには「受注管理」「商品の登録」「発注や仕入れ」「問い合わせ管理」「データの筑西・分析」と実にさまざまな機能があります。

「これまで手打ちでやってきたけれど、限界を感じ始めた」「一元管理がどういったものかはじめてわかった」といった、ECサイト・ネットショップの運営者の方々は、ぜひ一度一元管理を検討してみることをおすすめします。

まとめ

ここまでネットショップについて「ネットショップの運営に在庫管理が必要な理由とは」「ネットショップの在庫管理に関するよくある悩み」「ネットショップの在庫管理に関する悩みを解決する方法」「ネットショップの在庫管理は一元管理システムを活用しよう」といった切り口から解説いたしました。

一元管理はネットショップ運営の味方となってくれるソフトです。もし導入していなければ、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

サイト内検索
記事一覧