ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

送り状などのメールはお客さんによって内容を変えることはできる?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/25

一元管理システムのメリットは計り知れませんが、機械化したときにいったいどこまでできるかが問題になります。

お客さんに対して、送り状のメールなどを送信することがありますが、システムを使えば比較的難しいものではありません。ですが、お客さんによってその内容を変えることができるかが問題になります。

基本的には対応してくれるところが多い

ネットショップの一元管理システムを利用する場合、送り状を人によって変更させることができるかといえば、結論からいってしまうと変更できるところも多くなります。そのため、一律に同じ文章にしなくても済むわけです。

そもそも、なぜ同じ文章にしてはいけないのでしょうか。この点に関しては、さまざまなレベルの顧客がいるからと考えておけばよいでしょう。例えば、初めて購入してくれる人と毎週のように購入してくれる人はどちらもお客さんには変わりません。売り上げに貢献してくれている時点で、ある意味平等に扱うべきでしょう。

ですが、店側としてはお金をたくさん払ってくれるお客さんと初めて利用した人を同じ扱いにするのは妥当ではありません。仮に、その点に関しては不平等に扱ったほうがよい可能性が高いです。なぜこのような考え方が出てくるかといえば、世の中には80対20の法則とよばれるものがあるからです。

これは、パレートの法則ともよばれることがあります。それは、例えば一つの店の売り上げのうち80パーセントは20パーセントのお客さんによって占められていることを意味しています。つまり100人お客さんがいた場合でも本当にお店に貢献してくれる重要なお客さんは20人しかいないことを意味しています。

これに対して残りの80には、定期的に買い物をしてくれるお客さんでもあまりたくさんのお金を支払わない人か、一回だけ購入してそれ以降購入してくれないお客さんの可能性が高いです。このように考えるならば、ある意味お客さんによって対応の仕方が変わってきても仕方がないといえるでしょう。

そこで、まず送り状を作るにしても最低でも2種類のものを利用する必要があります。この文面を考えるのは自分自身ですが、一元管理システムの会社の中でひな型などがあることも少なくありません。もし、これまで送り状などをつくったことがない場合にはそのひな型を参考にしてみるのが良いかもしれません。

ただ、ひな型はあくまでひな型ですので、面倒くさいからといってそのまま文面を真似るのだけはやめておきましょう。やはり、それを読む人はひな型通りの文章なのか、それとも心を込めて考えた文章なのかの違いが分かってしまいます。

そうすると、送ることにより逆に評価を下げてしまう可能性も否定できないでしょう。わずかな部分で手を抜いただけで、売り上げが下がるのならば、初めからしっかりと自分の頭で考えて文章をつくったほうがよっぽどよいです。

このとき素晴らしい文章にする必要はありません。多くの人は、国語的に素晴らしい文章を書こうとしますが、国語的に素晴らしい文章と感情がこもっている文章は全く別のものになります。そのため、あまり国語的なことは気にせずに自由に書いてみましょう。とにかくメールを出す理由は相手に対して感謝の気持ちを込める内容のはずですので、その点を忘れなければ問題ありません。

だれに対してどのような文面を送るかを考えておく

一元管理システムにおいてメールを送る場合、その内容を人によってわけることができることは理解できたはずです。このとき、やらなければいけないことがいくつかあります。

そのうちの一つは、それぞれ誰に対してどのような内容の文章おくるかを考えることです。例えば、お客さんのほうでも上位2割の人は確実にお店の売り上げに貢献してくれるため、かなり詳しい内容の送り状を届けることが必要です。

もし可能ならば、割引きチケットなどをデータで配布する方法も考えられます。これにより、ますます売り上げに貢献してくれる可能性があるでしょう。ただ、どの人までそのような文章おくるかが問題になります。

そこで、主観的に決めるのではなく、客観的に決めておくことが重要です。例えば、1年間の売り上げを見た場合、10万円以上お店から買ってくれる人がいれば、その人たちだけに割引きチケットなどを付けた送り状を送ってみてもよいでしょう。

ただこのとき、あまりビジネス的な内容にならないことが必要になります。よくあるパターンとしては、メールを送ると同時に、新商品の紹介ばかりをしているような内容になっているパターンです。9年の半分以上が新商品の紹介ならば、果たして相手に対して感謝の気持ちを込めて送っているといえるでしょうか。

それよりも、何か新しい製品が出た場合にも下のほうに少しだけ書いておくとよいでしょう。ホームページのURLに誘導するようにしておけば、購入する人はURLを調べて買いに来てくれますので、それだけで特に問題はありません。

それ以外の人は、普通の送り状を送ることで差別化を図ることが可能になります。もう一つ気にしておくべきことは、どのタイミングに配布するかです。人によって購入したときに配布すればよいですが、メールなどは一回配布しただけではそれほど購入してくれない可能性もあります。

例えば、いつかは購入するけども今はまだタイミングではないと考えている人ならば、どれだけ情熱を込めたメールをつくったとしても反応してくれない可能性があります。それよりも、2週間に一度や3週間に一度ならば、何らかのメッセージを送り続ける必要があります。特に上位のお客さんに対しては、定期的にコミュニケーションをとるべくメールを配信しておきましょう。

費用はどれぐらいかかるのか理解しておこう

費用に関しては、文面をバラバラにしたほうが高くなる傾向が見受けられます。文面をわけることで、その分手間がかかりますので分の費用が高くなる傾向があります。とはいえ、極端に金額が上がるわけではなく、毎月の費用が1000円程度増えるぐらいでしょう。

そのため、いくら文面をわけたとしても、それほど金銭的な負担を考える必要はありません。後問題になるのは、今まで購入をあまりしてくれなかったお客さんがたくさん購入してくれるようになった場合です。実際に、途中からなぜか勢いがつき今まで以上に購入してくれるお客さんが出てくることがあります。

この場合、いつまでも下位にあたる80パーセントのお客さんとして扱うのはあまり良くありません。そこで、定期的に高いお金を支払ってくれている場合は、送り状の内容を変えることが重要です。つまり、上位20パーセントの人に送る内容と同じくすることが重要になります。

 

資源化システムを利用する場合には、送り状を出すことも可能になります。このとき、人によって内容をわけることができるかが問題になりますが、基本的にわけることができると考えてよいでしょう。押し分けるならば、売り上げの上位者とそうでない人でわけたほうがよいかもしれません。利上げの上位者に対しては、他と差別化を図るべく割引きチケットなどを同封してもよいでしょう。

最近は、列文字を入力すればそれだけで割引きにすることができる仕組みもあります。もし、今までそれほど購入してくれなかった人が大量に購入し始めたら、送り状の文面も変えていきましょう。

サイト内検索
記事一覧