ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップ一元管理システムは複数拠点でも利用できる?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/04/02

ショップの運営に必要なさまざまな情報を一元的に管理することができるのが、こうした一元管理システムのメリットです。複数の拠点がある場合にも使用することができ、ここでは複数のECサイトを運営する事業者が、一元管理システムを利点するについて紹介していきます。

顧客情報を一元的に管理できるシステム

ネットショップを運営する方法には、一つのECサイトを拠点として運営する方法のほかに、複数のサイトを拠点にして運営する方法もあります。複数のサイトを使用して商品を販売することで、より多くの人に商品の魅力を知ってもらうことができ、売上の拡大につなげることができます。

ネットショップを運営する場合には、適切な管理システムを導入することでサイトの運営をしやすくできるメリットがありますが、複数のサイトを拠点にして運営する場合には、一元管理システムを使用することで、運営を効率的に管理することが可能です。

複数のネットショップを運営する場合には、それぞれのお店ごとに、独自の商品在庫や顧客の注文を処理する必要がありますが、それをお店ごとに分割して管理する場合には時間もかかり、費用も必要です。

ですが、全てのショップを一元管理できるシステムを導入することにより、事業者が運営している複数のECサイトを、一括して管理できるようになるので、より多角的な視点からの経営が可能になります。

複数のECサイトを運営する場合には、サイトごとに利用している顧客の情報が蓄積されますが、それらの顧客情報を各サイトだけで利用していても、大幅な売上の改善に役立てることができません。

事業者が運営している全てのECサイトの顧客情報を一元的に管理することにより、それぞれのサイトで利用できる顧客情報の数も増やすことができるため、各サイトの営業活動にも効果的に使用できます。

顧客情報を管理できるシステムはさまざまな利用方法が可能で、複数のサイトを運営している事業者の場合には、集められた顧客情報をどのショップでも利用できるようにすれば、柔軟な経営戦略にも役立てることができます。

商品の発送にも利用できるシステム

顧客情報の管理だけでなく、その他の業務も統一して管理できることが、複数の拠点で営業をおこなうネットショップが、一元管理システムを導入するメリットです。

ネット上で商品を販売する場合には、それぞれのサイトごとに顧客から注文を受けて、商品を発送するのが一般的な方法ですが、管理システムを一元化することで顧客からの注文や、商品の発送も一元的に管理することができます。

こうしたシステムを活用することで、複数のサイトで同じ商品を販売することもでき、共通の在庫を使用することで、在庫管理もさらに容易になります。管理を一元化することにより、商品の在庫情報も一元的に共有することができるようになり、複数のECサイトで同一の商品が販売された場合でも、事業者が所有している全体の在庫量に適切に反映させることができます。

具体的な数字で説明すれば、A店でXという商品が販売された場合、事業者が所有している在庫が50個の場合、Xの在庫の数は1つ減って49個となります。商品管理にはこうした情報をリアルタイムで確認することも必要で、商品Xを販売している全てのECサイトで情報を共有することにより、正確な在庫の把握が可能になります。

複数のECサイトで一元的に在庫情報を共有することで、事業者も複数の店舗で同一の商品を販売することができます。

事業者が抱えている在庫が品切れになった場合には、在庫を共有しているサイトが品切れの状態を確認できるようにしておくことで、在庫がないのに注文を受けてしまうようなミスを未然に防ぐことができます。新しい商品の販売を開始する場合でも、全ての店舗で共通して利用できる在庫を簡単に登録することが可能です。

複数のショップを同じ画面で管理できるシステム

一つの画面で複数のネットショップの管理ができることも、事業者が一元管理システムを導入することのメリットです。複数のECサイトを拠点として運営している事業者の場合には、それぞれのサイトの運営を独立して管理しなければいけませんが、ショップごとにそれぞれ異なる管理方法を採用していた場合には、管理にも時間がかかります。

ですが、専門のシステムを導入して一元管理をおこなうことにより、一つの画面で全てのお店の管理をすることができるため、管理もスムーズに実行できます。

一つの画面で全てのお店の情報を表示させることで、店舗ごとの顧客情報の違いなども比較することが可能です。特定のECサイトの売上が向上している一方で、売上が減少しているサイトもある場合には、それらの原因を、管理画面を利用して分析することもできます。

顧客から商品の注文があった場合に、代金の支払いがされた場合に商品を発送するシステムを採用している事業者の場合には、代金が入金されたかどうかも、一元管理システムを使用して確認できます。

複数のショップで代金先払いシステムを導入している場合でも、全てのサイトの顧客の入金状況を一元的に表示できるシステムがあれば、複数のショップを同時に運営することも容易になります。入金が確認された商品は、注文した顧客へ商品を発送することになりますが、商品の発送状況も専門のシステムを使用すれば一元的に管理できます。

商品の発送を専門の運送業者に委託している場合でも、各サイトで販売された商品の運送状況を一つの画面で確認することができれば、商品の流通の管理もしやすくなります。顧客に送信する電子メールの管理も、一元管理ができるシステムを利用することで、効率的におこなうことができます。

商品の注文が合った場合には、注文の内容の確認をするためのメールを注文者に送信するのが一般的な方法ですが、複数のECサイトを運営している事業者の場合には、サイトごとに注文を受けた顧客にメールを送信することは非常に手間がかかる作業です。

ですが、一つの画面で、複数のサイトの注文状況を一元的に管理できるシステムが導入されていれば、複数のショップで同時刻に商品の注文があった場合でも、それぞれのショップごとに素早く注文の確認のためのメールを送信することができます。

注文者から入金があった場合なども、入金の確認を通知するメールを一元的に送信することができるシステムがあれば、顧客もショップを利用しやすくなります。商品の発送がおこなわれた場合にも顧客にメールを送信する必要がありますが、これらのメール送信を一元的に管理できるシステムを利用することで、注文から発送まで一貫して一つの画面上で管理ができます。

顧客へ送るための各種のメールは、スタッフが直接おこなう方法のほかに、自動で送信することも可能です。一元管理システムを利用すれば、顧客から商品の注文があった場合に、顧客が登録してあるメールアドレスに商品の内容を確認するためのメールを、自動的に送信することができるので、運営のためのコストを省くことができます。

 

複数のネットショップを拠点にして商品を販売する際に役立つのが、一元管理システムの導入です。ショップの運営に必要なさまざまな業務を、同一のシステムで管理することができます。在庫の管理も運営している全てのショップで一元的におこなうことができるようになるので、全ての店舗で利用できる共通の在庫を管理することも可能です。

同一の画面で複数のショップを管理できるのも大きなメリットで、顧客から商品の注文が合った場合にも、入金の状況を各店舗ごとにまとめて把握することができます。

サイト内検索
記事一覧