ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

中級者におすすめ!臨機応変に使えるネットショップの一元管理システム

インターネット上でお店をするときには各ショップの管理が必要です。

これは複数のショップを運営するときにはかなり面倒になるので、対応するシステムを導入するのがおすすめといえます。

一元管理システムと呼ばれるサービスを使うと、複数のお店を一括管理しやすいでしょう。

ここでは一元管理システムの特徴やおすすめのサービスを紹介します。

受注情報の管理は大変なので管理システムを使おう

複数のECサイトでネットショップを運営しているとき、各ショップからの注文をさばかないといけません。

これは非常に面倒な作業で、個人で行っていると受注管理に失敗をしてしまう可能性もあるでしょう。こういうときに活躍してくれる一元管理システムの受注情報の管理機能です。

管理ステータスごとにまとめて対応することができるもので、入金待ちか配送完了かをすばやく把握できるのがメリットと言えます。

全サイトのステータスが一目瞭然で、受注情報も他ショップを横断した検索が可能です。 この機能により問い合わせやクレームの放置を防ぐ事ができるため、お客さんに品質の高いサービスを提供できます。

また複数のモールの受注を管理することで多角的なデータ分析を行えるのが強みです。うまく利用をすればマーケティングにもいかせます。

特に中級者の方におすすめの内容なので利用を検討してみましょう。他にショッピングモール以外にオンライン上にあるオークションサイトに対応するものも用意されています。 この管理システムは各モールのデータを取得していて、多くのモールで利用できるのが強みです。

在庫管理を臨機応変に行える機能が付いている

オンラインショップでは頻繁に商品変動があります。

複数のモールで在庫を共有しているときは特に注意が必要です。例えばA店で商品が売れた場合、同時にB店で同じ商品を販売しているときは気をつけましょう。

ストックのない商品をB店で売る事になってしまうため、B店から注文があってもお客さんに売ることができないです。これはキャンセルをしてしまうためお客さんに不快な思いをさせてしまいます。

そういうときに便利なのが在庫一元管理システムです。これは複数のモールの在庫を管理する事ができるのがメリットで、一括更新を行えます。数量がモールごとに違うといったこともなく安心して販売を行える臨機応変さが強みです。また現在どれくらいのストック金額があるのかは管理システムのトップ画面に表示されます。

具体的にどんな機能が備わっているのかというと、登録されている商品の情報をチェックできるものや入庫や出庫を手動でできる機能が利用可能です。他にも未入荷情報では対象商品の予定納期、登録や更新もできます。不良交換が発生したときには、不良品の出入庫履歴も確認できるので便利です。

商品登録の負担を大幅に軽減しよう

ネットショップを複数運営している会社では商品登録が大変です。

これはショップごとに必要なときもあるので、いちいち画像やページを用意しないといけません。負担はネットショップの数ほど増えるのでかなり面倒です。

そういうときに便利なのが一元管理システムの便利な機能です。 こちらは複数のショップに一括で商品を登録をする事ができます。例えば1つのネットショップで商品を適用したら、その内容を複製できるのが魅力です。こうすることでスピーディーに商品登録ができるため負担も少なくなるのが強みといえます。

出品の負担を軽減すれば多店舗展開も容易に行なえるでしょう。 作業量を減らすことで時間ができるため、この時間をうまく利用すれば販促企画も進められるのがメリットです。

セール時期になると商品の更新が多くなりますが、上記の機能を使うとセール商品も一括更新ができます。キーワード差し込みや価格変更も一括で行えるので、手動で行っている中級者の方は利用を検討してみましょう。 登録だけでなく編集まで細かくサポートする商品登録機能を使って、快適にネットショップ運営ができます。

セット品管理もできるのが長所

ショップでは単品販売の商品以外に複数売り商品も扱います。

これは異なる商品を組合せて販売するスタイルで、単体商品とは別の在庫を用意しましょう。

そのため在庫管理の手間が2倍になってしまうのがネックです。スタッフへの負担を減らしたいときには一括管理システムを使うのがおすすめと言えます。

一元管理システムではセット商品の構成を予め登録する事ができるので便利です。 まとめ売り商品が売れたときには構成する商品の在庫を一括更新できます。

つまりまとめ売り商品が売れたときに、単品で販売されている商品の残り点数も自動的に減るため、セット商品を登録する必要がありません。通常ストックと連動させることで、セット商品を用意する手間を省けるのが強みです。

またストック数も登録できるため、まとめ売り商品分のみ販売を行えます。 ちなみにセットで販売する商品は商品属性を自由設定できるのが魅力です。商品のサイズやカラーリングなども細かく登録が可能、構成数商品はそれぞれ数量設定を行えます。例えば5個セットのようなものも在庫更新に対応できるのがメリットです。うまく使えば効率よく商品を売れます。

実店舗と連動させたいときはどうするのか

商売をしている方の中には実店舗とネットショップを行っている方もいるでしょう。

これは在庫管理が非常に大変でネットショップと実店舗を連動しないといけません。一元管理システムでは実店舗で商品が売れたときに、ネットショップに在庫反映をできる機能を持つのが特徴です。

逆にネットショップで商品が売れたときに実店舗の在庫を更新できます。O2Oやオムニチャネルなどを支えてくれるのも強みです。

他にも各種POSと連動するシステムも持つため、幅広く展開できるのが魅力と言えます。

例えば手持ちのハンディーターミナルに出荷指示データを読み込ませておけば、間違った商品は個数を読み取ったとき知らせてもらえるのがメリットです。これにより出荷精度を上げることができるのでクレームを未然に防ぎたいときに使えます。

結果的にレビューで悪い評価を得てしまうといった事態も防ぐ事が可能です。店頭とネットショップで在庫管理をする方を雇う場合は、人件費は2倍になるので注意が必要と言えます。実店舗と連動できる一元管理システムを採用すればコスト削減ができるでしょう。

助ネコを使って一元化してみよう

一元化システムを提供しているサービスには助ネコがあります。これは株式会社アクアリーフが運営を行っているサービスで利便性と、業務効率に特化した内容を提供してくれるのがメリットです。

クラウド型のASPシステムを採用しているため、簡単に複数のショップを管理できるのが魅力と言えます。

また一元化に必要なシステムが一通り揃っている、サポート体制もしっかりしているのが魅力です。 実際に助ネコを使っているユーザーは90%が使いやすいと評価を得ています。特にASP型はかなり使いやすく、パソコンとネットができる環境が整っているのならどこからでも操作可能です。

従来のシステムだと端末ごとにソフトウェアをインストールする必要がありましたが、こちらはネットにログインをすれば簡単に利用できます。 ネットショップを成功させたい中級者にもおすすめで、助ネコ勉強会も行っているのが特徴です。儲けることができるお店づくりをサポートしてくれる勉強会をしています。基本的な助ネコの使い方からリピーターアップのための秘訣まで教えてもらえるのが助ネコの強みです。

サイト内検索
記事一覧