ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

一元管理システムを活用したネットショップ運営

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/03/20

ネットショップであっても経営をすることですから、運営するためには効率化することが求められます。

特に規模が大きくなるほど運営が難しくなり個人経営であっても困難になってきますから、これらをサポートしてくれる管理システムを導入することが運営していく上でも大事です。

ネットショップ経営に必要なシステム

個人が小規模に商品を販売する程度のネットショップであれば、それほどシステムを活用する必要はなく、自身の頭の中で記憶しておくことや、一定の帳簿付けだけで十分に対応することができますが、事業として行っていく場合で商品点数などが多くなってくるとシステムを活用して管理する必要があります。

基本的なものは受注管理と在庫管理、そして発送管理などです。受注管理ではネットショップから受けた注文を適切に処理して、入金を確認し発送するまでの作業が含まれ、在庫情報を管理して在庫が少なくなれば新たな仕入れなどを行います。

注文件数が多くなってくるとトラブルになりやすいのが発送で、注文された商品の梱包や、送り先伝票などを適切に処理することが求められます。

このあたりは個人経営でもシステム化した方が良いものでシステム化することで、梱包すべき商品伝票や送り伝票を印刷し使うことで間違いを防ぐことが可能です。

いずれにしても経営では、少なくとも受注管理と発送管理は厳密に行う必要があり、システム化することで将来発生するリスクを軽減することができます。

ネットショップはひとつのお店だけではない

インターネット上でショップの選択肢としてはオリジナルのネットショップのほか楽天やアマゾン、Yahoo!ショッピングなどのインターネットショッピングモールに出店したり、Yahoo!オークションなどのオークションサイトに出品するといった選択肢があります。

いずれも一長一短のところがありますが、これらに出品することで販路が拡大し売れるチャンスが増えるメリットがあるものです。

特にポイント制を設けているところでは、ポイントを消費する目的で商品を購入してくれるところもあります。 このようなことから、複数の場所に出品するということ自体は珍しいことはありません。

しかし、出品するお店が増えるということは商品管理が重要になってきます。特に商品点数が多くなるとこの管理が煩雑になり、また在庫管理がひとつの場合には、複数のお店に出品していると、他のお店で売れた場合などには注文をしてくれたのに肝心の商品が在庫としてないといったトラブルにもなりかねません。

このようなトラブルを避けるためにもシステムを一元管理システムにする必要があります。

ネットショッピング運営での一元管理システムは重要

ネットショップを行っていく上でシステム化は欠かせませんが、独立したシステムをそれぞれ導入するのは効率的ではなく一元管理システムであることが必要です。

ネットショップの一元管理システムではネットショップ管理、受注管理、在庫管理、発送管理などを一元的に行ってくれるもので、特に大量の商品を扱う場合のほかにも経営に多くの人が携わるようになると、このタイプのシステムを導入しなければ対応しきれません。

一方でこれらのシステムは一昔前まではパッケージで販売され、独自に導入する必要がありましたが、現在ではネットショップの需要が高まり安価に導入することが出来ます。

これはクラウドタイプのものが中心で、インターネット上のサーバーでサービスが提供されるもので既製のシステムまたは既製のシステムをカスタマイズして使用します。

独自に開発する必要がありませんから、導入そのものは簡単に行えるため1日で利用を開始することも出来ます。

ただシステムは一度導入すると長期間にわたって使用することになるため、導入前にはニーズにマッチした機能を有しているか十分に検討することが大事です。

ネットショップの一元管理システムのおおまかな流れ

一元管理の機能は、どのシステムでも似たようなものですが、おおまかな流れとしては販売する商品を登録、ネットショップを選択して出品、注文を受けた場合には在庫の確保と入金の確認、入金の確認が出来れば発送するための伝票発行といったものです。

商品の情報には、商品カテゴリや価格情報などで出品する場所に応じて設定することが出来るものもあります。出品に関しても対応しているインターネットショッピングモールであればボタンひとつで行うことができ、わざわざサイトを開いて編集する作業を軽減することが可能です。

これにより複数のお店に出品するのも簡単に行うことが出来ます。

一方で入金方法もいくつかありますが、クレジットカード決済や銀行振込、コンビニ払いといった複数の手段がある場合にも、それらのサービスにダイレクトにアクセスし、一括して管理することができるので入金が行われているのに確認が出来ず発送していないなどのトラブルを最小限にすることができます。

また発送担当者には注文商品の伝票と発送伝票だけを渡すことで誤発送のリスクを防ぐことが可能です。

便利な一元管理システムを導入するには?

一元管理システムの主流はクラウドで提供されるものとなっており、導入そのものは簡単です。

それに既製のシステムを利用するので立ち上げまでに掛かる時間が短くて済みますし、料金の支払いもクレジットカード払いであれば即日で行えます。

クラウドですから対応しているブラウザであれば、あらゆる端末から利用することができるのも魅力で、スマートフォンやタブレットからでも利用可能です。

一方でシステムは一度導入すると長期にわたって使用することになります。このためシステムがにニーズにマッチしたものか、導入することで便利になるのかを確認することが大事になります。

これを確認する方法として無料で利用できる試用期間のあるものが良いでしょう。試用期間で実際に運用してみて利便性を確認することができます。特に使い勝手の良し悪しが運営の効率を高める上で欠かせず、返って操作性の悪いものでは効率を下げる要因にもなりかねません。

いずれにしても、導入する前には試用してみて、保有している機材で十分に運用が可能であるか確認することが失敗しないためにも必要です。

一元管理システムは費用対効果が重要

ネットショップの一元管理システムは経営を効率化するといった意味では、便利なものですが経営で利用する以上は費用対効果が重要です。

このためシステムを導入しても十分な利益を得られるかが必須といえます。システム導入および運営するために必要な費用としては初期費用と月額使用料です。安価なサービスでは初期費用を無料としているところもあり、月額使用料も数万円程度です。

ただ従量制となっているところが殆どで取扱件数に応じて1件あたり25円程度の費用が発生します。

月額使用料はサーバー使用料と考えることも出来ますが、その費用を上回るだけの売上が必要です。

いくら拡張性が高かったり、一元管理システム以外のサービスが充実していてもそれらを活用できるだけの規模がなければ、システムの導入そのものが経営の足かせになるリスクがあります。

一元管理システムを含めて、費用が発生するようなものでは利益を圧迫しない程度のものであるかがもっとも重要なポイントです。それらの条件を満たせば経営を効率化することでネットショップ経営の負担を軽減することが可能になります。

一元管理システムはネットショップを運営する上で欠かせないもので、安価に利用できるサービスも充実しています。しかしシステムですので導入するさいには、費用対効果や利便性を十分に検討した上で選ぶことが大切です。

サイト内検索
記事一覧