ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

在庫管理がまとめてできるネットショップの一元管理システム

ネットショップの一元管理システムは、複数のサイト情報や管理業務などを纏めて統一的に管理したり処理することが可能です。

複数のネットショップを経営していると、受注処理や在庫管理などの業務を店毎に行う必要があるでしょう。

それぞれの作業は運営する各モールやカート管理画面などで行うことになり、作業が複雑化したり煩雑化しやすい傾向があります。

一元管理システムを利用すると使い方も簡単なので便利です。

円滑な在庫管理を行うことができる

一元管理システムを利用すると例えば在庫管理の場合、各ネットショップから注文を自動で取り込むことができたり、情報をベースにして各店舗と自動在庫を連携することが可能です。

在庫を連携することによって従来手動で行っていた更新する手間をなくすことができるでしょう。店舗毎の在庫の差異がなくなるので、売り越しや販売のチャンスの損失などのリスクを回避することが可能です。

運営するショップ店舗の在庫を最新の状態に常に維持することができ、更新する手間を削減することができるので他の業務に時間をあてることができます。在庫入庫や発注仕入といった作業も処理することができ、各店舗で個別管理されていた商品や情報を一元管理することが可能です。

在庫状態をすべて把握するのに便利で、在庫履歴機能もあるので過去の動きも確認することができます。

商品を受注したり返品したり、キャンセル処理した場合、最新の情報を把握するのに便利です。商品が入荷された時やイベントで持ち出しするなど、在庫の変動を一目で管理することができ、在庫情報を正確に管理するのに役立ちます。

リアルタイムで履歴を確認することができるので、売れ筋商品や動きがない商品なども把握することができるでしょう。

受注管理を自動化することができる

一元管理システムを在庫管理などをスムーズに処理することができますが、他の業務にもいろいろなメリットがあります。

例えば受注管理を自動化することができるので、作業工数やミスを削減することが可能です。クライアントの住所や注文した商品・支払方法などのさまざまな情報を一元管理することができます。

各店舗の管理画面にアクセスしなくても受注確認~出荷業務まで確認することができるでしょう。複数のサイトを運営することによってクライアントがどこで買い物をしたや、どのような世代から人気があるのか把握することが重要です。

複数のサイトで販売する場合、これまで複数の管理方法を持つことが多く同じ作業をサイト毎に行わなければいけないケースもありました。複数のサイトを運営しているとあるサイトに対してあと何件出荷すべきなのか、すべてのサイトを通して現在何が最も売れているかなどを即答するのは難しいものでした。

システムを利用すると各サイトの最新の動きを確認することができ、豊富な対応を行うことができます。販売チャネルを拡大する際も簡単に設定することができ、受注状態に関する自動管理機能が搭載されているので例えば急に増えた注文に対してスムーズに対応することができるでしょう。

いろいろな決済方法に対応

一元管理システムにはさまざまな業務に対応することができ、いろいろな決済方法に対応することが可能です。

近年決済方法は多種多様になってきており、さまざまな決済システムと連携することによって入金確認の手間を削減したり入金漏れなどを予防することができます。

入金確認を自動化することができるので、商品手配に対するリードタイムを改善することができるでしょう。

支払状況によっては受注状態の自動進行が変わるので、例えば銀行振込の注文に対して入金待ち状態に止まったり、未入金のクライアントがいるかすぐにチェックすることが可能です。

メール機能を利用することができ確認メールや完了メールなどを一括送信することができます。決済情報はすべてシステムに取り込まれる仕組みになっていて、最新の支払い状況に関して確認することが可能です。

近年よく利用されているNP後払いや後払いcomなどとも自動連携しているので、もし後払い注文が入ると与信依頼や与信取得などを自動的に行うことができます。与信が取れているオーダーやNG受注などを自動的に振り分けることができ、確認が必要なオーダーについては伝票を確認したり修正した後に再与信をかけることが可能です。

出荷処理をすると送り状番号などが反映される受注に対して、決済会社に自動的に出荷レポートをかけるので後払い決済注文を纏めて処理することが可能です。

外部の倉庫管理もスムーズに行える

いろいろな倉庫と連携することができ、倉庫が離れていたり発送業務を外部に委託していても、出荷指示や入荷処理などをスムーズに行うことが可能です。

出荷依頼メールを自動的に送信したり、最新の状況をチェックすることができます。一元管理システムに搭載されていたり、システムをリリースしているメーカーによってはオプションとして利用することもできるでしょう。

中には自分の好きなようにカスタマイズすることができるアプリもあり、臨機応変に変更することができます。倉庫を外部委託している場合、倉庫側の人にシステムを導入することによって、店舗側の方から出荷作業や入庫処理などを設定することもできるでしょう。

基本的に店舗側は受注伝票を使って出荷ができる状態まで処理を行い、倉庫側は出荷できる状態の伝票を出荷するという仕組みになります。送り状番号がシステムに取り込まれると、発送が完了したというメールを自動的に送信することが可能です。

実績データや送り状番号などの取り込みまでを倉庫側で行うと、出荷指示や実績の取り込みなどの出荷作業に関係する店舗側の作業をカットすることができるでしょう。倉庫側には専用アカウントを設定することができ、出荷作業や入庫処理といった必要な機能だけ閲覧できるようアレンジすることが可能です。アカウント毎に権限を設定できるので、セキュリティ対策や機密保持対策も万全です。

さまざまな情報を分析することができる

全店舗の売上や商品情報などを一括分析するのに便利で、ネットショップ運営の場合、売上管理や分析は現在の状況をチェックするのに必要な業務です。

どの店舗でどれだけ商品が売れているのかや、季節毎の売れ筋商品はどれかなどを把握することが大切で、人の勘や感覚などではなく、数値で知ることによって新商品を企画したり開発するのに役立ちます。

売上アップのためさまざまな対策をとることができるでしょう。店舗毎の売上管理や粗利分析を行うことができ、キャンセル商品や送料、ポイントや手数料といったネットショップならでは視点から分析することが可能です。

データ集計や分析に時間や手間をかけなくてもよいので、スピーディに次の施策に着手することができます。データが一元管理されているので、各店舗別の合計や総合計などを月別や日別で確認することができ、データ出力することができるので便利です。

売上の総合計はもちろん送料やポイント、手数料別などに分析できるのでショップ運営には不可欠な分析項目としてアウトプットすることができます。色やサイズなどのいろいろなバリエーションがある中で最も売れているアイテムを確認することができたり、セール対象にできる商品を選ぶのに参考になります。未発注商品や納期予定、仕入れた商品などもリストアップすることが可能です。

仕入れに関する情報をすぐに確認できる

仕入先への商品発注や処理ができる機能が付いていて、商品の数を在庫数に反映したり販売することが可能です。

在庫がない商品や設定条件に応じて発注が必要なアイテムを必要な分だけ算出することができ、発注したのに未完了な商品を一覧で確認することができます。

オーダー~仕入れまでの業務を一元管理することができるので効率的に作業することができるでしょう。例えば商品単位や伝票単位などから選択することができ、仕入先をあらかじめ登録しておくといろいろなシーンで活用することが可能です。

月毎のオーダー数や金額、数量や金額集計を行うことができたり分析するのに便利です。会社名を登録しておくとさまざまな項目で集計することができ、仕入先情報のメモとして活用することができます。

登録された会社は商品ともトレースすることができるので、どの商品がどのメーカーなのか確認することができるので便利です。発注から仕入まで伝票などを使って管理することができ、メーカー管理に役立つことができます。一元管理システムを利用すると作業のすべてを適切に管理することができ、後でデータ分析するにも便利です。

サイト内検索
記事一覧