ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの一元管理システムはPCスキルが低くても使いこなせる?

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/08/03

ネットショップを経営する際、PCスキルがないとさまざまな種類のある業務を管理することは大変かもしれません。複数のサイトを持てば持つほど、運営や管理などに時間がかかることが多く、手間や無駄も多くなります。これらの業務を一括管理すると非常に楽になるので、ネットショップ向けの一元管理システムを使用する人が増えています。

PCスキルが低くても大丈夫です

ネットショップを運営していると、受注管理は大事な業務になります。入金待ち状態や発送待ちなどの状態がたくさん存在する場合、混乱が生じることになり一度混乱するとミスを連発するリスクが高いので、クライアントに迷惑をかけてしまうかもしれません。とくにPCスキルが低い方や初心者の場合、アイテムを扱うのに慣れていないことが原因となり、クレームになるケースもあるでしょう。

そこで一元管理システムを導入して受注管理などを行うことで、トラブルを事前に抑えることが可能になります。楽に管理でき、たとえば受注管理の内容について、複数ショップの注文ステータスなどをデータですべて管理することが可能です。この方法を活用するとどのショップで現在どれぐらい受注中なのか、注文した商品がどのような状態になっているのかを、すぐ調べることができます。

クライアントから商品について質問が来た場合、どのショップのものかメールなどで判断でき、スピーディに対応することが可能です。たくさんのショップがあっても混乱をすることはなく、質の高い経営を行うことができるでしょう。

一元管理を行うとメリットがあります

複数ネットショップを運営すると多くのメールが来ることになり、売上が伸びるのでうれしいものですが、その分メール対応に追われるようになるでしょう。一つの注文でも3~4種類ぐらいのメールをやりとりすることがあり、それだけ手間や時間が多くかかってしまいます。複数のクライアントを相手にするシーンにおいて、誰にどのようなメールをしたのか確認するのも大変です。

焦って間違えないよう注意も必要になってきます。メールを送信したつもりでも送っていないトラブルも起こることがあるので、できるだけ一元管理システムを使用することをおすすめします。ショップから送信するものはもちろん、クライアントから問い合わせなども一元管理システムによって合理的に処理することが可能です。

システムを導入することですべてのメールを集めることができたり、送信忘れを予防できたりします。また、情報を閲覧するのにいくつかページを開くことがなくなり、結果的に時間を短縮することにつながります。一元管理システムはテンプレートが提供されているので、文章を考えることもありません。

商品登録を一元管理で行うことが可能

ネットショップにおいて商品登録の作業は必要不可欠です。この作業によってクライアントの前に初めて商品を提供できるようになり、実店舗の場合棚に商品を並べますが、ネットショップの場合商品を登録することになります。複数のショップを持っていると、それぞれバラバラに管理することになります。

店舗の規模が大きいほど時間がかなりかかるようになり、余裕がなくなることもあるでしょう。商品登録した場合、どこにどれだけアイテムがあるかすぐ把握することは難しくなります。このようなトラブルは一元管理システムを採用することによって回避でき、手間や時間を削減することが可能です。

とくに複数のショップを経営すると、説明文を変えるのは難しい作業になります。すべてのサイトにおいて共通したものがあり説明文を変更するなら、一括管理システムで一気に変更した方が素早く行うことが可能です。空いた時間は他の業務に回すなど、効率よく仕事を回すことができるようになり本来の仕事に取り組めます。

在庫を一元管理できます

ネットショップを経営するなら、在庫管理を行うことが基本になります。考えられる問題点として、商品更新が間に合わないことがあげられます。たとえばあるショップでは既に売り切れになっている商品が他のショップでまだ販売されているようになっていて、そちらの方に注文が入ってしまうと、希望するものを届けられずクレームになるかもしれません。

このようなトラブルを避けるため、在庫についても一元管理システムを採用するのが得策です。一元管理システムを利用することによって、ある商品が売り切れになり他の店の商品も売れるとその分マイナスになるので、在庫の数を最新状態に維持できます。アイテム数が少ない場合、一元管理を行ってリアルタイムで最新情報を更新すると気苦労も減るでしょう。

在庫履歴機能を持っている一元管理システムがあり、これまでどのようなものがあったかチェックすることが可能です。過去の履歴がわかるので売れ筋を見分けながら発注でき、結果的に無駄がなくなるので売上を伸ばすことにつながります。操作が簡単なのでPCスキルがなくても、直感的に画面から情報を理解することが可能です。

出荷作業を一元化管理すると便利です

ネットショップはクライアントから注文が入ると、迅速に商品を出荷しなければいけません。出荷する際には、相手の名前や住所などのシールを商品に貼り、発送情報を発することも必要ですよね。情報をベースにして送り状番号などを発行し、メールを使って相手に送るといった流れです。これらを手作業で行うとたくさんの時間がかかってしまいます。

複数ショップを運営するならたくさんの商品注文を受けるかもしれません。一日の時間を出荷作業に費やすことなるケースもあるので、一元管理システムを利用すると便利です。一元管理システムを活用するとそれぞれの運送会社の送り状に関する発行ソフトデータを一括出力できます。

送り状を発行したり送り状番号などを反映しているメールを自動的に処理したりが可能です。手作業がかなり減少するので、出庫作業に対して時間を大幅に節約できます。自動化できミスもなくなり、商品の数が多いほど一括管理システムが活躍するシーンが増えるようになるでしょう。

分析するのに一元管理システムが活躍

複数のネットショップを持つ場合、商品分析が必要になるでしょう。商品は売れ筋とそうでないものがあり、どれが売れ筋なのか把握しておくとクライアントに満足してもらえるアイテムを提供できます。売れ筋がわからずに欠品の状態が続いていると、次第にクライアントの数が減っていき売上に響くかもしれません。

売れ筋でないものをショップに用意していると、クライアントが求めていないショップになってしまうためです。すべてのショップにおいてこのような状態が起こると、悪循環なビジネス経営が続くようになります。商品分析を行う場合、一元管理システムを使用することが可能です。

売上に関する情報を手に入れるようになり、ショップによって人気商品は異なるケースがあるので、一括管理しどのアイテムが売れているか確認しておくと便利です。システムにはデータ分析を行うことができるタイプが多く、勘や感覚などを使って売れ筋を把握するのもよいですが、システムを活用することで客観的に人気のある商品を把握できるので、クライアントを満足させるショップに仕上げることができるでしょう。

 

一元管理システムは情報を一箇所に纏めることによって、目的に応じて情報を確認することが可能です。PCスキルが低くても大丈夫で簡単に操作できます。このシステムを導入することにより、作業時間を短縮でき、業務フローを省人化することが可能です。さまざまな情報が活性化することになるので、売上アップを期待できます。

サイト内検索
記事一覧