ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの在庫を一元管理するシステムの比較ポイント

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/25


コロナパンデミックがおきている日本の現状ですが、逆に今が大きなビジネスチャンスであるということもできます。外出しなくても自宅から欲しい商品が自由に購入できる通販サイトなどが注目されているのです。ECサイトの運営で難しいのが、ネットショップの在庫を一元管理するということでしょう。それにはさまざまな一元管理システムがあります。

ネットショップの在庫管理システムとは

ネットショップの在庫管理システムとは一体どのようなものなのでしょうか。まず、どのようなものを管理するのかをつかんでおく必要があります。在庫管理システムが行うのは、一般的には仕入れた商品の管理です。ネットショップ運営においては在庫管理や今後の商品の売れ行きの状況の分析などが欠かせません。仕入れた商品の検査はとても重要です。

検査で不良品が見つかった場合の改善方法などについても、事前に決めておかなければなりません。商品をどの倉庫に収めておくのかも重要な問題です。客先から注文があった場合に速やかに配達ができるようなピッキングのシステムを確立しておくべきでしょう。配送手配はネットショップではとくに重要な要素となるので注意が必要です。

ECサイトの売上を伸ばす条件としては、在庫管理の業務に漏れがないように確実に行うことです。ネットショップの在庫管理は一元管理システムを基本としており、複数のサイトの在庫をまとめて比較管理し、倉庫に収められている在庫状況の比較、分析をすることなどが挙げられます。

ネットショップの一元管理システムの実際

ネットショップの一元管理システムは、確実な管理が必要です。在庫を一括管理できていれば、それだけでネットショップの運営は軌道に乗っているといえるでしょう。現状がつかめているかどうかにかかっており、複数のサイトを運営している場合はこの点がとくに大切です。

売れ筋商品のやりくりが必要なため、効率よくこの作業を進めるには一元管理システムの自動化が不可欠でしょう。また、データによって、どのような商品に人気が集中しているのかを分析し、ネットショップ運営に活かしていく必要があるのです。

全体の商品の売れ行きをリアルタイムで確実につかんでおくことが、ECサイトを成功に導いてくれるでしょう。そして大切なのは在庫の回転率です。気の売れ筋商品をリアルタイムでつかめているかどうかが成功するかどうかの分岐点となります。

在庫管理システムでどのような問題を解決するのか

在庫管理システムでどのような問題を解決できるのでしょうか。まず大切なのがリアルタイムで正確な在庫数が把握できることです。商品の仕入れ、販売と連動して在庫がつかめる自動システムを構築しておかなければならないでしょう。ECサイトが成功するもしないのも在庫回転率にあります。在庫回転率の向上は、ネットショップを成功に導くための大切なテクニックともいえます。

在庫回転率を向上するためにはリアルタイムで在庫を正確に把握しておくだけでは不充分です。今後の商品の売れ行き予想などの分析がどうしても必要になってきます。そのようなフィージビリティスタディができるのは、専門の業者だけかもしれません。そのため、専門の業者に調査を依頼するのもひとつの方法です。

ECサイトを成功に導くために絶対に欠かせない条件があります。それはコストの削減です。ECサイトを軌道に乗せるためには大きな資金が必要で、費用対効果で検証するのがよい方法です。そして欠かせないのが人件費の削減でしょう。人件費を削減するためにはシステムの自動化が必要になるのです。

在庫管理システムのスペックを見極めるためには

在庫管理システムのスペックを見極めるためには、システム導入の目的を明確化するということが大切です。それには大きな手間と時間がかかり、社員同士による積極的なブレーンストーミングが欠かせません。かつて、日本で使われていたTQCトータルクオリティコントロールシステムなどを使うのもよい方法でしょう。

在庫管理システムを導入する前に、現在のネットショップがどのような問題点を抱えているのかを客観的に洗い出す必要があります。そうしなければその後のECサイトの発展が約束されません。経営者と社員が一丸となってこの作業にあたることが必要で、アメリカで開発されたブレーンストーミングはこの作業に最適とされています。

ネットショップの運営では在庫管理が主体となりますが、それだけでは不充分です。在庫状況の把握に加えて、今後の商品の売れ行き予想をすることが大切になるでしょう。ECサイトはそのサービスにより得意とする分野が異なります。場合によっては在庫管理だけではなく、受注管理が必要です。これは人気商品の売れ行きにしたがって、仕入れの量を調整することが必要になります。

在庫管理システムの導入が向いているケース

どのようなケースに在庫管理システムの導入が向いているのでしょうか。いくつかのケースが考えられますが、まず複数の倉庫を管理されているような企業にはおすすめです。複数の倉庫を管理されているような企業では、その在庫を一括管理することが大切です。ヒューマンエラー防止のためには、自動化のシステムを導入する必要があります。

大切なのは複数サイトの在庫をリアルタイムで総合的につかめているかどうかです。在庫を一元管理することが、このビジネスが成功するための大切な条件といえます。複数の倉庫を活用するためには、迅速な発送システムを確立しておくことが大切です。

顧客の居住地に合わせて、自動的に配送が決められるようなシステムを確立しておくことが必要になるでしょう。たとえばバーコードを利用することにより、リアルタイム配送システムを確立できるのです。人的ミスやそのために発生するタイムラグはECサイトでは致命的な欠陥となります。そのため、在庫管理システムの導入が必要になるのです。

在庫管理システムを導入するときの注意点

企業が在庫管理システムを導入するときには注意点があります。システムを社内に浸透させ、システムを確立させることが大切です。それさえ達成できれば、その企業やECサイトの発展は約束されています。在庫管理システムはアメリカで開発された新しいシステムです。新しいシステムを導入する時には、社員からの抵抗があることも少なくありません。

ここは経営者の強い信念と決断がどうしても必要でしょう。それがない限りビジネスが軌道に乗ることはないといっても過言ではないでしょう。その点では在庫管理システムの導入にあたっては、企業の経営者の責任が非常に重要になってきます。企業で働く社員たちに対してしっかりとした研修をしておくこともとても大切でしょう。

経営者だけでは会社の経営は成り立たず、商売の要となるのは実際に働く社員たちであり、それを助けるのが在庫管理システムです。そのような大切なシステムを導入する時には、社員たちに充分にそれを周知しておく必要があります。社内にそのシステムを充分に浸透させ、在庫管理システムを実際に運用する時のビジネスモデルを確立しておかなければなりません。それが確立できれば、あとは軌道に乗せていくだけです。

 

在庫管理システムを導入することで、ネットショップの在庫状況を確実に把握できます。業務上の無駄を省くために絶対に必要なのはシステムの自動化です。システムを自動化することにより無駄を省くことができるので、ECサイトの売上向上に役立ちます。システムを導入する前に、自社が抱えている問題点をしっかりと洗い出しておきましょう。

サイト内検索
記事一覧