ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの一元管理システムが利益アップにつながる理由

ネットショップを多店舗経営している場合に利益アップにつながると言われている一元管理システムは、作業効率が向上することが大きなメリットです。

一元管理をすることで、経営者と管理者、現場の作業時間を大きく短縮することができ、効率よく経営することにつながります。

受注管理や在庫管理、商品管理には、一元管理システムが有効です。

受注情報を一元管理するメリット

複数のサイトやネットショップから受けた注文を、一店舗ずつ管理していると受注内容を把握するだけでも大変です。

ネットショップに一元管理システムを導入することで、受注完了して支払いも受けているのか、入金待ちの状態なのかが把握でき、さらに発送完了していることも確認できます。

どの店舗で、いつどのような内容を受け付けているのかを簡単に把握することができることが大きなメリットです。

また、全てのネットショップの受注状況を把握でき、検索することも簡単なので、問い合わせやクレームの対応もすぐに行うことができます。

問い合わせやクレームがあった場合には、スムーズに受注情報の確認が必要になります。

横断的に検索することができ、それぞれのステータスをすぐに把握することができると、問い合わせやクレームの放置を未然に防ぐことにつながり、信頼度もアップするため利益アップにもつながるということになります。

複数のネットショップの受注を一元管理することは、データの多角的な分析にもつながるため、さらに効率を重視した方策を打ち出しやすくなるというメリットもあります。

在庫情報を一元管理するメリット

複数のネットショップを運営している場合に大きな課題になることが多いのが在庫情報の把握です。

在庫情報を一元管理すると、あるサイトから商品が減ったとしても、数量などデータとして把握することができ、複数のサイトで在庫を素早く更新することができるようになります。

少ない商品や一点物の商品であっても、複数のネットショップで販売することができるようになるため、販売できる可能性が広がるとともに、扱うことができる商材の幅も広がる可能性があるというメリットがあります。

複数のサイトでの販売では、在庫を調べるだけでも手間がかかったり、ミスが出たりすることがありますが、一元管理することにより、二度手間やミスを防ぐことができるのです。

情報の行き違いを防ぎ、在庫情報をスピーディに確認することができるメリットは大きく、お客様からの受注案件などの問い合わせにも迅速に対応することが可能になるので、商機を逃しません。 確認作業がスピーディになるため、事務対応における強みにもなり、面倒で手間がかかる商品数や保管場所の把握作業やデータ化が簡単にできるようになります。

商品情報を一元管理するメリット

ネットショップでは、実物を手に取ったり、実際に見たりすることなくお客様に商品の正確な情報や魅力を伝えることが必要です。

商品の性格で詳細な情報や商品画像、カテゴリ情報などたくさんの情報を扱うため、複数店舗を持っている場合には、作業が膨大になるということが良くあります。

一店舗ずつ商品に関する情報を入力していくことはとても地道な作業で、時間も手間もかかるため人件費がかかります。

商品情報や商品画像、カテゴリ情報などの多くの情報を一元管理することで、データベースに情報を登録するだけで、複数のネットショップに一括で情報を反映することが可能になります。

1回の登録ですべての店舗に反映することができるため、スピーディに商品をお客様に紹介することができることになることは売り上げアップに欠かせません。

また、データベース化することで、何度も情報を入力することで生じてしまうミスを未然に防ぐことにもつながります。 膨大な情報の中から、必要な情報を見つけやすくなることに加え、商品情報の追加や訂正、削除なども一度でできるようになることも大きなメリットです。

一元管理システムで売り上げがアップする理由

ネットショップを経営しているときに、同じ内容の店舗でも売り上げが良い店舗と売り上げが不振な店舗が出てくることがあります。

1店舗の売り上げを見ていると売れている店舗を充実させたくなるため他の店舗よりも売り上げの良い店舗に力を注いでしまい、さらに差が広まってしまうことはよくあります。

ネットショップで売り上げをアップさせるためには、店舗数を増やすことが近道です。

現時点での成果に左右されずにどの店舗にもしっかりと力を注いでいくことが重要なポイントになります。 しかし、単に店舗数を増やすだけでは、運営が煩雑になり作業量が膨大になるため、商品登録や在庫更新、お客様対応などの業務が滞り、結果として良い店舗を残して、他の店舗を縮小せざるを得ないということになってしまうのです。

店舗数を増やしつつどの店舗にも力を注ぐことが売り上げアップするためのポイントなので、一元管理システムを利用することが売り上げアップの近道になります。 多くの店舗の情報をいち早く集め、必要な情報をリアルタイムで更新していくことができる一元管理システムを利用すると、1店舗の経営をするように多店舗の経営ができるため、売り上げが期待できるという訳です。

効率的な在庫管理で利益がアップする理由

実店舗を持たないネットショップでは、商品の在庫管理が重要です。

売れている場合には良いのですが、大量に残ってしまう在庫があると経営を圧迫してしまいます。 在庫管理ができていないと、お客様が求める商品が自分の店にあるか分からない、商品発注が的確にできない、総資産が把握できないなど様々な影響もあります。

注文したいお客様がいるのに、在庫が無かったり、予定日に届かないなどのクレームに発展して、評判や信用にもかかわってくることもあります。

お客様が商品を求めているときにスピーディに提供することが求められていることであり、販売の機会を失わないためにも重要です。

在庫が過剰になってしまうと資金繰りが悪化したり、商品価値の低下につながってしまうため、利益ダウンにつながります。 在庫管理は、在庫の状態や保管場所などの管理情報がリアルタイムでチェックすることが重要なので、いちいち調べなければならなかったり、総数が分からないということは避けるべきです。

情報を的確に把握することができれば、回転率や回転期間を割り出すことができるようになるため、適切な在庫量の予測や経営状態の確認が可能になり、利益を生む健全な経営につながります。

利益アップが見込める経営をするためのポイント

受注と発注を適正に行い、売り上げにつなげる経営をするためには、在庫状況を的確に把握し、受注した時にすぐに在庫情報が更新されることが大切です。

複数のネットショップを経営している場合には、在庫の総数が分からないことや少ない数の商品が足りなくなってしまうことなどがあり、経営にとってはリスクになります。

利益を見込める多店舗経営で、売り上げや利益を高めていくためには、どのネットショップの情報も一括管理されており、発注してから商品が納品されるまでの納期が管理されていること、商品に関する正確な情報をスピーディにお客様に提供できることが重要です。

円滑な受注と発注、発送業務は、売り上げを左右する大切な業務なので、効率化を図ることで人件費や手間を削減し、ミスを防ぐことにもつながります。

商品を手に入れたいというお客様がいる場合に機会損失をせず、スピーディな対応をするためにも、一元管理システムの導入は、大変大きな役割を果たします。 受注情報、在庫情報そして商品情報を一括管理して経営の効率化を図ることでさらなる店舗数の増強や店舗の魅力を高めることに力を注ぐことが可能になります。

サイト内検索
記事一覧