ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの一元管理システム導入で作業時間を効率化

ネットショップを運営するにおいて一元管理システムを導入する大きなメリットは、作業効率化を図れることです。

一元管理システムは経営者や管理者、現場での作業時間を大きく短縮することができ、受注管理や在庫管理・商品管理などのそれぞれの面においてさまざまなメリットがあります。

作業時間を減らすことができるので顧客満足度の向上にも繋げることができます。

最適な受注管理を行うことができる

一元管理システムを導入すると受注管理機能を一元管理することができ、複数あるネットショップの受注や各メール配信、帳簿出力などを管理するのに便利です。

各配送業者が提供する送り状発行システムとデータをやり取りすることができるので、伝票番号の手入力もいりません。一括処理することによって受注業務の時間を減らすことが可能です。

いろいろなメリットがあり、受注一覧表示項目や表示順を自由に設定することができます。注文手入力を行うことができ、受注データを検索することが可能です。受注データを一括更新や一括削除することができ、メール送信を行うことができます。

メールテンプレートを作成することができるので自動化するのに便利で、メール送信条件を設定することが可能です。他の会社とも連携することができるので、配送分割することができます。送り状発行システムを利用して出荷指示や出荷確定を行うことができるので便利です。

各種出荷印刷用リストをプリントアウトすることができ、出荷指示書や納品処理・ピッキングリストなどを入手することができます。

出荷間隔の設定について配送業者や地域毎・休日などを区別して配送にかかる日数などを設定することが可能です。キャンセル確認や各種支払方法の確認、顧客管理理などもすべて自動付与することができ、業務を効率化するのに役立つでしょう。

在庫状況をリアルタイムで把握できる

一元管理システムを導入すると在庫管理に便利です。

複数店舗で販売している商品の在庫数を管理することができ、店舗毎の在庫数調整や機会損失といった問題も一気に解消することができるでしょう。どこからでもアクセスすることができ、作業場所に縛られない特徴があります。

リアルタイムで在庫状況を把握することができ、タイムラグを最小限に留めることができます。在庫管理に関して全店舗において一元管理することができるので、時間や経費を大幅に削減することができるでしょう。

在庫APIでの連携から在庫反映のタイムラグを減少することができるので、さまざまなリスクを軽減することが可能です。複数のネットショップの在庫数を纏めて管理できるので、各モールの画面からアクセスしなくても管理画面だけで更新することができます。

在庫管理にかかっていた時間や手間などを大幅に削減でき、管理に関係する業務時間や人件費などを大幅に削減するのでコスト改善に繋げることが可能です。従来のような手作業の管理で起こってしまうようなミスを予防することができ、作業時間短縮で空いた時間を他の業務に利用することができます。販促活動といった別の業務に時間やスタッフを有効活用することができるでしょう。

商品情報を管理するのに便利

連携している複数のネットショップの情報を一元管理することができ、商品マスターで管理するため一回の編集で複数店舗に商品情報を反映することができます。

新商品を登録することから各モールやカートに一括追加することができ、各カートやモール毎に追加することもできるので便利です。各モールの画面にログインしなくても商品情報を編集したり、反映することができます。

一括削除するにも便利で、既に登録されているデータを元にして新しいデータを登録することも可能です。取扱い対象店舗などを条件にして商品を検索することができたり、商品情報に二つの管理番号が存在する場合は管理番号の主とする番号をネットショップ運営者側で選択することができます。

モール毎に異なる商品番号の同一商品を判定することができ、手動で在庫引き当てを行うことが可能です。既に別コードでサイトに登録されている同じ商品を手動処理によって認識することで、効率的に在庫管理を行うことができるでしょう。

セット商品に対応していて、ピッキングリストなどの構成商品明細単位において印刷することが可能です。セット商品を事前に設定しておくと受注データにセット商品がある場合、その商品の内訳を表示することができます。

ピッキングリストなどを詳細にプリントアウトすることができ、取扱店舗毎の商品情報を一覧形式で表示することが可能です。

他社のシステムと連携することができる

送り状発行システムは他社と連携しているので、出荷データを一括出力したり一括取込することが可能です。

送り状発行システムにおいて送り状番号を発行した後データを取り込むと、送り状番号(配送番号)などを反映した発送連絡メールを購入者の方に自動的に送信することができます。各モールには荷物番号が自動で設定されているので、このような一連の出荷業務を一元管理システムを通して実行することで手作業を削減しながらミスを減らすことができるでしょう。

配送情報や出荷指示などを出力する場合、独自のCSVで出すことも可能です。読み込み先側のシステムに合わせた形式でプリントアウトすることができるので、出力した後データ形式をアレンジする必要がなく店舗の使いやすい形式で利用することができます。

いろいろな一元管理システムがリリースされていますが、中には1ヶ月無料お試しで利用することができ、実際データを手にすることが可能です。既に利用しているシステムに対応するかどうか確認することができ、導入する前にいろいろと試すことができるので便利です。リーズナブルな料金で利用することができ、コスト改善にも繋がります。

クラウドタイプは常に最新バージョンを利用できる

いろいろな一元管理システムがありますが、クラウドタイプは便利です。クラウド環境においていつでもどこでも利用することができ、インストールのする必要がありません。

インターネット越しに利用するシステムになっているので、いつでも受注や商品・在庫などを最新の状態で管理することが可能です。大手ショッピングモールなどの仕様変更にも対応しているので、臨機応変に対応することができます。

店舗の環境に合わせてオーダーメイドしてくれるところもあり、商品情報の入力や受注データの入力、出力や帳票などの独自カスタマイズなどにも柔軟に対応してくれたり、カスタマイズしてくれるのでシステムバージョンアップを利用することが可能です。

店舗は常に最新アプリケーションで利用することができ、更新作業などが不要です。システム機能の追加や使い勝手を改善するようなバージョンアップは定期的に行われますが、基本的に無償で利用することができます。

バージョンアップはモールや市場変化・消費者嗜好などの変化に合わせ、定期的に実施されています。スマートフォンにも対応しているシステムもあり、店舗の売上拡大を期待することができるでしょう。

リーズナブルな料金で利用できる

さまざまな種類の一元管理システムがリリースされていて、リーズナブルな価格で利用することができます。

例えば初期費用無料で使用することができたり、月額費用1万円から利用できるものもあるので便利です。店舗数などによる課金制度がない種類もあるので、複数店舗を運営しても料金が変わりません。利用料金をシミュレーションできるサイトもあるので、一度試してみることをおすすめします。1ヵ月の平均受注件数や取り扱い商品点数を入力すると、最適なプランを把握することができ1ヶ月お得な無料お試し期間なども利用することが可能です。

いろいろな機能が搭載されていて、他の配送業者の送り状を直接印刷することができたり、独自のネットショップを始めたい場合は個別のショッピングカートを利用することができます。これまで受注管理や在庫管理などに費やしていた時間を減らすことができ、業務改善に繋げることができます。

メール業務などを自動化することによってミスを減らすことができ、クライアントに対してこまめなサービスを提供することができるでしょう。配送業者とも連携をとることができるので、顧客満足度の向上にも繋がります。

サイト内検索
記事一覧