ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

一元管理システムのセキュリティは本当に安全なのか

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/09

最近は自然災害も脅威で、この場合には誰にも予想できない障害が発生する可能性も視野に入れなければならないため、そうした障害に対応してくれるのかがポイントです。

そして、ネットショップでは顧客情報も漏えいしないのか、そうしたことも抜かりなく確認しておきましょう。

情報セキュリティ機能が搭載されている

ネットショップ、いわゆるECサイトは世界中の人を相手に年中無休の24時間営業で商売ができる魅力もあり、平日は主婦業をこなし、週末起業する人までいます。成功しているショップというのは、ハイセンスなデザインであったり、販売する商品の撮影や画像加工、ページ作成などにプロのカメラマンやデザイナーを雇うほどです。

また、商品の仕入れから販売をするためのマーケティングの知識、顧客満足を高めるための問い合わせに対する対応力までも必要となります。受注管理、在庫管理などの作業も、ECサイトの規模が大きくなればなるだけ、管理も難しくなり、スタッフを増員しなければならないこともあるでしょう。

ただし現状は厳しく、ヒューマンエラーが多くなる不安も抱えることになる話も耳にします。そこでおすすめなのがネットショップ一元管理システムの検討です。このシステムがあれば、誰でも使えて分業もでき、ゆとりから顧客サービスの向上にも力を入れられる利点があります。利益率も今より見込めることになります。

しかし今は、ECサイトだけでは充分に集客することが難しいもの、だから複数の通販サイトと実店舗をまとめて管理できるクラウド型システムのASPを活用する人が多くいます。大手通販サイトにはプライム会員など、独自の固定客が存在します。それぞれの独自サービスの魅力は、ネットショッピングをする人にとっては利用するうえでもっとも重視する点でしょう。

つまり、いろんなモールに出店することで顧客獲得の期待ができるのです。そのためにもサポートは必須、だから一元管理システムの導入を検討すべきなのです。主な機能として受注管理・在庫管理・商品登録で、人為的ミスが発生しづらい、安全な運営をサポートしてもらえます。

ここで気になるのがセキュリティは本当に安全なのか、という点ではないでしょうか。このシステムには、顧客情報などを保護する情報セキュリティ機能が搭載されています。ですから、安全にショップ運営をおこなうことが可能です。

データ管理も徹底しているから安心できる

ネットショップ運営における安全管理、それは顧客に迷惑をかけてしまう人為的ミスを未然に防ぐことをはじめ、情報漏えいのリスクも管理できなければなりません。安全性でネットショップの一元管理システムを選ぶために、ミスを減らすと同時に作業効率を図ることができる受注管理機能の充実化がポイントになります。

注文を受け、商品を出荷するまでの受注数を管理するのですが、受注のみならず、決済や発送などのプロセスにおける作業をミスなく処理できる、そうした管理システムになっています。選び方としては、利便性が高く、大幅な作業効率化が期待できるバランスが大事になるため、機能性・使いやすさ・サポート性において高水準であれば安心できます。

第一に、PCの扱いに不慣れなスタッフでも使いこなせることが前提の話です。セキュリティに関しても、システム側でさまざまなトラブルに関して対処できる対策もおこなわれています。例えば、情報セキュリティ格付ランクというものがあり、そこでトリプルAを取得しています。最新テクノロジーを結集し、クラウド型に対応した最高水準のデータセンターで一元管理してくれています。

また、ネットショップ一元管理システムを利用するとき、ASPを活用して提供されているものが存在します。ネット回線を通じてASPにアクセスすることでソフトウェアを活用するので、それぞれのPCにインストールをする必要がなく、実店舗のPCや自宅のPCなど、複数のPCで利用したいという場合でも手軽にアクセスできます。

デバイスが何であれ、ネット接続できる環境があれば便利に利用できますが、地域や時間帯によっては外出先での通信環境が不安定になることもあったり、災害のときにネット接続ができなくなるといったことも考えなければなりません。何かしらの通信障害が発生しないのか、こうした点もASP側でセキュリティ対策を進めてくれています。

例えば、免震、耐火設備を備えていて、停電のときには自家発電装置が稼動するようです。自然災害に見舞われる確率も決して低くはなく、店舗のデータ管理には自信を持っています。

大切なデータも、24時間有人監視の大手サーバー内で厳重に管理しています。加えて、複製保管も実行する念の入れようです。一元管理システムは複雑なシステムですから、スペシャリストを育成していることがポイントで、障害が発生したときには専任の管理者が即時対応してくれます。

セキュリティ会社の監査を受けているから安心

また、自動処理に優れているのも一元管理システムの魅力で、あらかじめさまざまな条件の処理を設定でき、条件に合致した注文データの処理が進むため、手間も省けます。受注確認メールや発送完了メールなど、定型的なものもお任せできますが、そうした場合にも不安になるのはやはりセキュリティでしょう。

指定した内容のみ閲覧、操作ができる権限設定であったり、操作履歴の確認がおこなえます。不正アクセスから顧客情報を守ることも抜かりなく、セキュリティ体制強化の取り組みとして、国際標準規格であるISO/IEC27001認証の取得であったりISO/IEC27017認証の取得もしていますから、安心できるはずです。SSLの採用、ログイン画面も第3者に解読されない仕組みです。盗聴や改ざんの防止、外部攻撃からのネットワーク防御は評価できる内容です。

ちなみに、定期的に外部のセキュリティ専門会社により、サーバーやシステムの脆弱性について監査を受けているようなところを選ぶことでさらに安心できるでしょうし、指摘された場合に適切な処理、修正されるならば、信頼性も高まるはずです。

新たな脅威と聞けば、運営者にとっては恐ろしく感じるものですが、今は、内部や外部を問わず悪意のある者が存在していないとは断言できない時代なのも事実、情報を守る物理的な対策をきちんとしていれば安心できるのです。だからこそ、最新の一元管理システムの導入を検討することをおすすめします。

迅速に対応してくれるため、高水準の管理状態を維持できるだけでなく、発展もしています。常にリスクをモニタリングしていて、柔軟な対応が評価されているところもあります。リスク耐性は高く、優れているところは、価格以上の価値があるのではないでしょうか。

 

ネットショップを運営するためには、人員も必要です。顧客が信用できるのは、情報管理が徹底されているショップですから、そうしたセキュリティ強化も大事です。そのため、一元管理システムを導入し、機能をフル活用して利益を出し、顧客満足度を高めることがおすすめです。

もちろん、気になる危機管理、この点も評価できる資格や保証を獲得していたり、迅速な対応で応えてくれています。運営する者との連携を常に図り、しっかりサポートしてくれるところばかりです。

サイト内検索
記事一覧