ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

一元管理システムはネットショップに限らず通販業務全般で活用できる

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/03/12

現在、物品販売の主流となったインターネットショッピングでは、消費者と販売者の間で取引が行われる際に最も重要と言われる在庫の管理が正しく行われる必要があり、在庫一元管理システムを導入している企業が多いです。

一元管理システムはネットショップばかりではなく、通販業務全般で活用でき、リアルタイムな在庫の管理により収益性を向上させることが可能です。

小売業界再編で流通システムの変化がもたらすこと

昭和から平成にかけての小売業は基本的に対面販売を主とし、一部で通品販売が行われていた程度でしたが、2000年以降、インターネットインフラの拡張により、徐々にネット販売が主流となりました。

現在ではネット販売が主流となり、対面小売に追い付け追い越せの状況で、20代~30代ではネットショップで購入する人が対面販売を越えているとも言われています。

平成初期にバブル経済が崩壊すると、それまでの物価上昇が嘘のようにデフレ化し、高いものが売れず、安いものに消費者目線が向くようになりました。

消費者あっての小売業界ですので、デフレが進む中、収入は目減りし、安価で価値のある商品に注目する消費者に対して、小売業者はお値打ち感のある販売価格を設定し、これが市場原理主義を加速させたと考えられています。

大手小売業者は資金面での強みを活かし、大量仕入れ大量販売を目論むことで、メーカー希望小売価格から市場価格へと商品価格の概念が変化してきました。

また、ネットインフラの拡張は、どの業者がいくらで売っているという情報を調べることも可能とし、消費者にペースを握られました。

ネットショップではタイムリーな販売とするため、在庫一元管理でスムーズに消費者に供給することが要求されます。

通販サイトで一元管理を導入するメリットについて

通販サイトは実店舗営業をする小売業者や通販専門業者により、様々な物品を販売するサイトです。

大手家電量販店や大手スーパーなどでは、実店舗の販売と共に通販の両輪で販売を行います。

実店舗では消費者が品物を目で見て買うのと基本的に現金での決済を目的に行われていますが、通販サイトの場合、クレジット決済等のキャッシュレス決済が主で、実店舗よりもお値打ちに購入できるメリットがあります。

大型店では、土日・祝日を中心とした販売戦略で、食品等を扱う店舗ではお昼前後や夕方以降に多少賑わうということが多いです。

一方で、通販サイトは土日・祝日は元より、ウイークデーの日中及び夜間も買い物ができ、インターネット環境から落ち着いて商品選びと購入が出来ることがメリットとしてビジネスマンからOLと幅広い層の消費者をターゲットにできます。

ただし、実際の店舗と異なる点として、消費者自らが商品を手に取ることが出来ず、また在庫の状況も掴みにくいことも確かです。

安い商品を掲載するも、売り切れとなっていて商品の入荷の目途が立たないなどの問題もあります。 通販サイトで在庫一元管理するシステムを導入することは、タイムリーに商品販売を促し、消費者のニーズに応えることができます。

効率を良くする在庫一元管理システム

以前の通信販売では、商品在庫を大量に確保して、コマーシャルや広告による宣伝を展開し、多くのオペレーターを配置した上で、電話対応で販売するが一般的でした。

現在の通販サイトの場合、商品在庫はメーカーや販売者の商品管理センターに配置し、ネット注文及び電話による注文が入ると自動で受注から入金確認、発送、在庫状況などが一括で管理されるシステムが導入されています。

入金完了後に発送準備が整うと、配送状況なども消費者が確認しやすいステータスが整っており、決済状況も確認できます。

消費者が通販を利用する際に懸念として、入金後に正しく商品が送られてくるか、到着までにかかる時間なども気になります。

受注から販売までのステータスに関する情報は消費者が一番必要とするもので、消費者は販売管理が正しくできているサイトが安心して利用できるサイトと判断するのでしょう。

消費者は販売者以上に情報に敏感で、商品の在庫状況や配送状況をタイムリーに把握しようとします。 敏速な対応をすることが、販売数を増やすとともに収益率をアップさせることは間違いないです。

一元管理システムにデメリットがあるのか?

一元管理システムの最大のメリットは、業務の効率化によるスムーズな商品の供給と収益率を高めることです。

実際の店舗と異なる点は店舗を持つことなく商品をサイト上に掲載し、メーカーや商品管理センターに保管されている在庫をタイムリーに消費者の元に発送し、お値打ち商品供給をすることです。

一見、一元管理するシステムにはメリットが多く、デメリットが無いようにも思われますが、インターネットにより、広範囲からの受注が可能で、人気商品の場合、販売開始後に一気に販売が進むとメーカーからの商品供給の時間が掛かり、商品供給の対応不足となることもあります。

これは、当初の販売計画よりも需要が高く、サイト上という無限の販売規模に対応できていない状況でしょう。

消費者にとってほしい商品がタイムリーに供給されない販売サイトは信頼性が低く、一度利用したとしてもリピート率が低くなります。

対面販売では販売担当者との対面での接客対応での安心感がありますが、ネットショップなどでは商品や在庫に関する情報が消費者自らが確認できるステータスを整えておく必要があります。

一元管理システムの導入でコスト削減を可能にする

一元管理システムを導入することは、生産・仕入れ・販売といった管理が一括管理されるので、様々な経営コストの削減が可能となります。

在庫に掛かるコストは仕入れ時のみではなく、保管する倉庫の家賃や検品、棚卸などの手間がかかり、食品等であれば温度調整にも費用が掛かります。

需要と供給のバランスを図り、効率よく販売を進めるためにも管理は重要となります。

物販では、予測に反して売れないこともあります。 消費者が購入する際の商品と価格が比例しているかを判断し、お値打と考えれば需要が伸びますが、そうでない場合、在庫化しそれに伴うコストが嵩みます。

在庫をタイムリーに把握することで、販売促進に役立て、利益を確保するとともにロスを抑える効果も高いです。

的確に在庫や販売状況を把握することは適時適正な人材を確保し、人件費の無駄をも無くします。 販売が流通に関わる人の過不足を解消することで収益率を高めるとともに経営効率を向上させます。 一元管理システムの導入により、在庫や人件費等のシステムに関わる様々な無駄なコストを最低限に抑える効果があります。

一元管理システムを導入する時の注意

ネット販売で一元管理システムを導入する際に、どのような視点で選択すれば良いか頭を悩ませる人も多いはずです。

そのためにも、失敗しないシステム選びをする必要があります。 インターネットの比較サイトでは複数のシステム提供企業があり、それぞれのサービス内容と価格などが掲載されているため、これを比較検討し、導入することが良いです。

導入する前に自社の販売状況等を正しく把握する必要があり、それに合った機能や要件を満たすシステムを発掘することが効果を高めます。

実際に導入する前に、お試し期間が設定させているシステムを利用し、導入前のトレーニングとすると失敗を避けることに繋がります。

複数のシステムを無料で試し、一番最適なシステムの導入をすることです。

導入することによりランニングコストが掛かるので、費用対効果を高めるためにもお試し期間の利用は重要です。

価格のみに注目して、内容の伴わないシステムの場合、サービスの質の低下が安さに反映していることになり、効果は得られません。 セキュリティ対策も万全で、安心なシステムを選ぶ必要があるのです。

サイト内検索
記事一覧