ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップの一元管理システムの売上分析機能とは?

複数のネットショップを運営しているなら、一元管理システムを導入すると便利です。

一元管理システムにはいろいろなメリットがあり、商品登録や在庫管理、受注管理や発注などのネットショップを運営するにおいて必要な業務を一元管理することができます。

複数のネットショップ運営に関わる業務を効率化することができ、最適な店舗運営を可能にすることができるでしょう。

すべてのサイトを対象に集計することができる

複数のネットショップを運営するにおいて、注文分析は重要な意味があります。

どのショップが最も売り上げが良いのか、どの商品が売れ筋なのかを把握することによって、次の商品企画などに繋げることが可能です。

しかし集計作業というのは時間や手間がかかるもので、特に多店舗を展開している場合は大変な量になります。そんなに時間をかけて集計していても結果が出る頃にはそのデータは古いものになっているかもしれません。

一元管理システムを導入するとすべてのサイトを対象にして集計することが可能です。サイト毎や全サイトでの集計、カテゴリー別や商品別などに細かく分析することができるので、販促計画などを立てやすくなるでしょう。

多角的な集計から生産・販促計画を効率良く立てることができ、各ショップにおいて個別に売上分析することが可能です。

従来のようにそれぞれのサイトで売上作業を行っていると時間がかかる作業でしたが、一元管理システムを導入した後は多角的に作業することが可能です。販売促進活動計画が立てやすくなるので、売上アップに繋げることができるでしょう。

さまざまなカテゴリーで集計できる

ネットショップの店舗別や商品別・カテゴリー別などに注文を集計することができ、どのお店が最も売れているのか、どの商品が最も売れているのかを把握することが可能です。

どのカテゴリーが一番売れているのかなどを簡単に集約することができるので、業務効率化に繋げることができます。

さまざまなデータを集計することができるので、商品企画などの活動に活かすことが可能です。さまざまな機能が備わっているので、週推移や期間対比において注文を集計することができ、期間対比とは指定した期間において比較することができるので便利です。

前年比や先月比などで細かく区分することができ、例えば先週と比べると数字が伸びたかを把握することができたり、先月と比較して成長率などを把握することができるでしょう。

複数の分析軸でクライアントの注文を集計することができ、一元管理システムをリリースしている会社によってはいろいろな機能をアレンジすることが可能です。リリース会社と相談することによって独自のシステムを構築することができたり、便利なクラウドタイプを利用することができます。

仕様変更に適切に対応することができる

ベストやワースト・滞留在庫などもチェックすることができます。

最も売れている店舗や成績の悪い店舗、在庫数などの最新の状態を把握することが可能です。滞留在庫を各項目毎に比較することができ、仕入れの調整や次の商品企画などに活かすことができるでしょう。

さまざまな項目から分析される情報を元にして、次の一手を考えることができます。集計データは長く保管することができ、過去のデータと比較するのに便利です。

特に注意が必要なのが各モールやカートの仕様変更ですが、頻繁に発生するモールやカートなどの仕様変更に関してその都度対応していては時間や手間をかなりかけるケースがあるでしょう。

このような仕様変更について適切且つ確実に対応することができ、すべてのサイトに提供することが可能です。

在庫管理や受注管理を最適な状態に維持することができ、定期的な機能更新やバージョンアップを利用することができるので、ネットショップの仕様変更などに対応することができます。

クライアントからの注文に対応するにおいてセキュリティ対策が重要ですが、多店舗運営になると一元化する必要があります。一元管理システムを導入するとセキュリティ対策も含まれているので、独自でやるより低コストで管理することができるでしょう。

在庫管理などをスムーズに処理できる

ネットショップを経営している人にとって一元管理システムを待ち望んでいた人は多く、リリースしている会社と相談することによってさまざまな機能が搭載され、更新・バージョンアップなどが繰り返されてきました。

このシステムを導入することで在庫管理や受注管理などをスムーズに処理することができ、クラウドタイプになっているものが多いので日々進化している機能を利用することが可能です。

いつでもどこでも、どのデバイスからでも同じシステムにアクセスすることができ、本社や支店・現場からでも同じ情報を共有することができます。

本社や支店・出荷担当など、それぞれのアカウントにおいて権限を設定することができるので、公開する情報と非公開のものを区分することが可能です。

ネットショップを運営するにおいて、販売計画や売上管理、集客販促や広告運用、商品企画やサイト更新などさまざまな業務を行わなければいけません。受注対応や発注対応、仕入や在庫管理など業務は多岐にわたるので、一元管理システムを導入することによってどこからでも最新の状態を確認することができます。

業務を整理し効率化することができる

一元管理システムを導入することによって業務を整理することができます。

例えば販売計画や売上の管理、集客や企画、問合せなどの複雑な判断が必要な業務は人が中心に行うようにし、受発注業務や在庫管理、商品登録や伝票発行、メールや出荷処理などのルーチンワークの場合はシステムを中心に作業すると便利です。

人とシステムにおけるそれぞれの長所をいかしながら役割分担することによって、毎日の業務負荷の軽減することができたり販促といった売上を上げるためさまざまな施策に注力することができます。

一元管理システムを導入する場合、先に現在の業務を見直しておくと便利です。効率化できる部分は先に行っておき、それからシステムを導入するとさらに業務を改善することができます。システムをリリースしている会社ではこのサービスを導入する時から担当者がしっかりサポートしてくれるので便利です。

サービスを導入したら終わりではなくきちんと成果がでるまでアフターフォローも利用することができるでしょう。システムの更新やバージョンアップなども利用することができるので、最適な機能を利用することができます。

トータルサポートを利用することができる

一元管理システムをリリースしている会社はシステム運用のサポートはもちろん、ハードウェアトラブルなどにも対応してくれる場合があります。

システム操作方法を指導してくれたり、メンテナンスやセキュリティ対策などのトータルサポートを利用することが可能です。

専属チームによるサポートを受けることができ、各企業の状況などを把握した担当者がサポートしてくれ、いろいろと相談することができるでしょう。

システムを導入した会社の基本情報や打ち合わせ内容、問合せ履歴などの情報を蓄積していて、対応スピードをアップしたり効率良く動いてくれます。中にはリモート操作に対応しているソフトがあり、電話では伝えにくいような状況説明も確認することができたり、スムーズな対応を期待することが可能です。

複数のネットショップを運営している会社では一元管理システムを導入しているところは多く、他社とのシステムと連携することができるので便利です。

いろいろな情報を分析することができるので、次の一手を打つのに活用することができるでしょう。メールなどをすべて自動化することができるので、人的ミスを防ぐことができます。

サイト内検索
記事一覧