ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】

ネットショップ一元管理システムとアルバイトを雇用、どっちがいい?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/10/14

ネットショップを運営するときは入金システムの確認や受注の確認、経理などいろいろな作業が必要です。1人で運営をしていくには多大な労力や時間が必要になるので、作業効率のためにアルバイトか一元管理システムの導入を検討するはずです。ここでは一元管理システムとアルバイトの雇用で迷う人のために、それぞれの特徴などを紹介します。

ネットショップの管理のためにアルバイトを雇用した場合の費用感

ネットショップの管理を任せるためにアルバイトを雇用した場合、アルバイトの雇用の費用について情報を知っておくべきです。ネットショップの管理のためにアルバイトを雇用した場合、かかる費用は人件費と機器費用となります。それぞれどれくらいの費用がかかるのかを見ていきましょう。

■機器代

アルバイトを雇用して管理システムを行うなら、機器代がかかります。たとえばセキュリティソフトなどのインストールや、FAXに対応したプリンターなど、準備する必要があるでしょう。

セキュリティソフトなどの必要ソフトでも2〜5万円ほどかかり、FAXなどであれば3〜10万円、また、パソコンなども適応していないなら新たに購入する必要があります。

パソコンも用意するとなれば10〜20万円の費用になると計算すれば、アルバイトの機器代だけでもすべて合わせるとおよそ15〜35万円ほどの費用が生じるので、その費用を前もって準備しておくことが必要になってきます。

■人件費

アルバイトにネットショップの管理を任せるなら、大きな費用として挙げられるのが人件費です。雇用しているのですから給料を支払う義務があり、この費用は毎月発生することになります。

アルバイトとして任せる管理の範囲が受注や画像加工などだけであれば、時給1,000円ほどが相場のようです。

時給制の場合、月にどのくらい働いてもらうかによっても支払う給料が変わってきますが、それでもだいたい10万円以上の出費は必要になるでしょう。

ネットショップを複数持っていて1つのネットショップの運営を任せるのであれば、それだけ雇用の金額は上がります。まとめてみると、ネットショップを運営するときにかかる人件費は規模にもよりますが、相場として月8〜20万円ほどになるでしょう。

人件費は毎月発生し、雇っているアルバイトの人数により金額も上がります。ネットショップの売上から人件費がまかなえるのか計算する必要があります。

一元管理システムを導入した場合の費用感

ネットショップを管理する際、アルバイトではなく一元管理システムを導入するという手段もあります。一元管理システムの導入を検討するにおいて、もっとも気になる要素として考えられることのひとつに導入費用が挙げられます。

一元管理システムを導入したときの費用については、初期費用と運営費用の2つのポイントを押さえておくことが大切です。それぞれの費用について見ていきましょう。

■初期費用

一元管理システムを導入するときには初期費用がかかります。一元管理システムは業者と契約する必要があるので、初期費用は月額料金によって左右され、店舗で扱っている商品が多いほど料金が高くなります。

ネットショップの規模により一元管理システムの初期費用は変わりますが、商品数が数百点しか販売していないなら、初期費用は無料として導入できる業者もあります。

もし、大規模サイトとしてネットショップを運営するなら、初期費用は1万円〜6万円ほどが相場です。

そのため、一元管理システムを導入する時には自分が販売している商品の数を確認することが大事です。商品数が少ないなら最初の月は無料で利用できる一元管理システムもあるため、初期費用を0に抑えることもできます。

また、ネットショップを開業する前には個人名刺やショップのドメインなども必要になり、それらの費用は大体10〜15万円ほどになります。

一元管理システムの導入と合わせると、ネットショップ開業には11万〜21万円ほどの相場となるでしょう。

■運営費用

ネットショップで一元管理システムを導入すると、毎月の運営費用が発生することになります。一元管理システムの運営費用は契約している店舗によって違うので、契約する一元管理システムの月額料金をしっかり把握しておく必要があります。

一元管理システムの運営費用は小規模であれば年間2〜5万円ほどの運営費用となり、大規模なネットショップの場合、年間11万〜30万円ほどの費用が生じます。

一元管理システムの運営費用は月額制になっていることが多いですが、一括で1年契約を行うことも可能です。もし、大規模なネットショップであれば年間の料金は高額になるため、1年契約するとなると必然的に初期費用もかかり、比較的大きな金額になることを理解しておきましょう。

そのため、あらかじめ資金を計算して、月額で支払うか一括で支払うのか検討しておくことが大事といえます。

ネットショップの管理は一元管理システムがおすすめ

ネットショップの管理についてアルバイトを雇う費用と一元管理システムを利用する費用について紹介してきました。

ネットショップの管理を任せるときにアルバイトも一元管理システムも利用できるのですが、費用の部分を見てみると一元管理システムがお得といえます。

アルバイトの場合は機器代や給料の人件費を合わせると年間で最低でも100万円以上の費用が出ます。しかし、一元管理システムなら初期費用と運営費用を合わせても年間最高で40万円ほどに抑えることができます。

費用の点を考えると一元管理システムが大変お得ですが、実は費用面以外でも一元管理システムがお得といえる部分があります。

■ミスが少ない

人を雇い管理する場合、多かれ少なかれ人為的ミスというものがつきまといます。たとえば入金待ちや発送待ちの商品に関して見落としをしてしまう可能性など、あらゆるシーンでリスクが発生してしまうのです。

しかしその点一元管理システムを利用すれば、すべて1つの画面で管理して自動化できるので漏れを防ぐことができ、人為的ミスに左右されるリスクも大きく減り、結果的に業務効率を上げることが期待できます。

また、顧客へ商品発送メールなど定型文を送信するときも、アルバイトなら漏れやミスをする可能性は生じます。しかし、一元管理システムなら自動送信による機能で送信漏れをすることはありません。

ミスが起こると、場合によっては顧客からサービスに対する信用を失いかねません。安心してネットショップを運営するためにも、一元管理システムを利用はおすすめといえるでしょう。

■手間がかからない

一元管理システムでネットショップを管理すれば、アルバイトを雇って管理してもらうよりも手間がかかりません。アルバイトを雇って管理してもらうとなると、管理の方法について教育する手間が発生します。

ネットショップ管理についてあまり理解していないアルバイトであれば、教えるのに相当な時間を要することもあり、多くの時間と労力を浪費してしまう可能性があります。

しかし、一元管理システムを導入するなら、最初の設定や登録をしておくことでネットショップ全体を容易に管理でき、システムも自動化できるので手間がかかりにくいといえます。

一元管理システムを導入して作業効率が上昇した企業や運営者は多いので、効率という点から考えても、アルバイトより一元管理システムを利用した方がメリットとして大きいでしょう。

 

ネットショップの運営で一元管理システムを利用した場合と、アルバイトを雇って管理した場合の違いについて解説しましたが、いかがでしたか。結論としては、一元管理システムを利用した方が費用は安く、手間やミスも防ぎやすいというメリットがあります。

ネットショップの運営管理でお悩みなら、ぜひ一元管理システムの導入をおすすめします。

サイト内検索
記事一覧