ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】


おすすめポイントスマホケース販売会社による優れた管理システム

2位にランクインしたのは、Hamee株式会社が開発提供している、「ネクストエンジン」というシステムです。

今回このネクストエンジンをランキング2位に選んだ理由としては、「自動処理」に優れているという点です。

あらかじめ様々な条件の処理を設定しておけば、条件に合致した注文データは自動で処理が進んでいくので操作をする手間の削減につながります。

1つのネットショップが軌道に乗れば、別のモールへも出店し、店舗を増やしてさらに利益をアップさせるという流れは当然考えられるでしょう。

ネクストエンジンは、楽天、Yahoo、Amazonなど、多くのモールに対応している点でも安心だと思います。

また、Hamee株式会社は神奈川県小田原市にある会社で、ネット通販サポートシステムの開発以外には、スマホケースをはじめとするモバイルアクセサリーの企画販売を行っているようです。

運営会社が実際にECサイトの運営を手がけているということもあり、このシステムにはネットショップ業者の仕事を楽にしたいニーズがそつなく導入されています。

自動化は、ネクストエンジンが十八番


今回このネクストエンジンをランキング2位に選んだ理由としては、「自動処理」に優れているという点です。

あらかじめ様々な条件の処理を設定しておけば、条件に合致した注文データは自動で処理が進んでいくので操作をする手間の削減につながります。

メールタグによってメールの送信条件が異なり、メールは送信条件を満たした後に作成が始まるので、受注確認メールや発送完了メールなど定型的なメールはネクストエンジン任せで負担がありません。

ただしとても緻密なシステムなので、細かい設定が必要になります。

システムに強いスタッフがいれば、自分好みにカスタマイズができるというのもポイントです。

もし、初期設定をする時間やスキルに不安がある、早く実運用で利用したいというショップは、有料で初期設定を頼めるのも安心です。

1位に選んだ「助ネコ」や3位に選んだGOQSYSTEMにも自動化機能がありますが、こと自動化については、ネクストエンジンが一番ではないかと感じました。

自動化とリピーター作りを同時にめざしたいか、より処理の自動化を優先するか、自社の運用や方針に合わせて選ぶと良いのではないでしょうか。

複数の店舗を一括管理できるシステム、最も多くのモールに対応


■ ネットショップ管理システムは「拡大」を視野に

ネットショップというのは倉庫さえあれば大きな事務所を構える必要がないので、小規模な形態でも事業を展開していけます。

1つのネットショップが軌道に乗れば、別のモールへも出店し、店舗を増やしてさらに利益をアップさせるという流れは当然考えられるでしょう。

そのようなときに、現在使用している管理システムが「出店したいモールに対応していない」ということであれば、一からシステムの乗り換えをしなければならなくなってしまい、大きな手間となってしまうでしょう。

システム導入の際には、今後の出店戦略も頭の片隅に置いてシステム選びをすることをお勧めします。

ネクストエンジンは、楽天、Yahoo、Amazonなど、多くのモールに対応している点で安心だと思います。

■ 複数店舗の管理に向いたシステムを

さきほどランキング1位として紹介した助ネコもそうでしたが、Hamee株式会社が提供しているこのネクストエンジンもまた、複数の店舗を一括管理することができるよう設計されています。

「何があっても単一店舗でやっていく」と確固たる考えを持っていない限りは、将来の事業拡大も視野に入れ、複数店舗を管理できるシステムを導入した方がよいでしょう。

ネクストエンジンは多数のモールに対応しているというだけではなく、現状対応していないモールや自社で開発した独自サイトとも、アプリを利用することによって連携することが可能となっています。

利用できるアプリや連携の仕方などの詳細についてはお問い合わせくださいね。

さまざまな倉庫管理システム、会計ソフトとの連携に対応している


このネクストエンジンが力を入れている点が、他の企業が開発しているシステムとの連携が積極的に行われているという点です。

もちろんやり方によってはひとつのシステムだけですべての業務管理を完結させるといったやり方も悪くはないのですが、その他多くのソフトやシステムとの連結した作り方による効率アップができるのであれば、ぜひとも活用していきたいところです。

このネクストエンジンの場合、さまざまな大手のシステムとの連携が行えます

Yahooの「Yahooロジスティクス」、そして多くのネットショップが採用している「スクロール360」など、いろいろなシステムとコンビを組んだ運用が可能となっており、さらなる効率化を図ることができます。

また、会計ソフトとの連携ができるという点も強みのひとつと言えます。

各種会計ソフトと連携を行うことによって入力を自動化し経理の手間を省くことができれば、効率化のアップだけではなく入力ミスによる失敗も防ぐことができるでしょう。
【ネクストエンジン】の特徴やサービスについて詳しく知りたい

 

「アプリ機能」によって、自分好みにカスタマイズできる


個人的にこのネクストエンジンに関して解説しておきたいのが、「アプリ機能」についてです。

アプリ機能について簡単に説明させていただきますと、これはみなさんがスマホやタブレットにダウンロードおよびインストールするアプリと同じようなものと考えれば、理解しやすいかと思われます。

このネクストエンジンはメイン機能としてあらかじめ複数の機能がすでに用意されていますが、それ以外の機能はアプリをダウンロードするように付け足していくといった形になっていくのです。

これによって自分好みにシステムをカスタマイズすることができるのはメリットです。

アプリ機能を上手に使えば、よりラクにネットショップの運営が行えるようになるでしょう。

高機能なシステムであり、導入実績も最多。

このネクストエンジンは、今回ランキング作成にあたってリサーチしたネットショップ一元管理システムの中でも、高機能の部類に入ると思います。

実際に3000社へ提供されているシステムです。

比較検討を行った結果、個人的にはスタッフ全員が使いこなせ、設定が分かりやすい助ネコの方がより利便性が高いと感じたのでランキング2位としましたが、それでも機能面で優れたレベルと感じました。

作業コストシミュレーションをしてみよう


楽天、Yahoo、Amazonなどのモール、または自社のECサイトを運営していて、まだ一元管理システムを導入していないという方の中には、「お客様対応だけで1日が終わってしまう」とか、「少人数での運営に限界を感じ、増員を検討している」などという方も多いと思います。

実は、毎日の単純作業には意外とコストがかかっていることに気づいているでしょうか。

ネクストエンジンのホームページでは、運営店舗数、毎月の注文件数、毎月登録する商品点数を入力するだけで、現状かかっているコスト(人件費、時間)のシミュレーションが簡単に計算できます。

商品登録、メール送信、送り状の発行などの単純作業を、一元管理システムを導入することで効率化し、浮いた時間やお金を商品開発などにかけることができます。

まずはどのくらい時間やお金を無駄にしているのか、把握してみてはいかがでしょうか。

2パターンの無料体験


ネクストエンジンが気になった方は、本格的に導入する前にまずは無料体験でその使い勝手などを試してみてください。

ネクストエンジンの無料体験には2パターンあります。

まずは通常の無料体験で、期間は30日間。

無料期間中も機能の制限はなく、サポートセンターも利用することができます。

もうひとつが導入相談付きの無料体験で、こちらも期間は30日間です。

通常の無料体験との違いは、無料体験が始まる前に、専門のスタッフから機能の説明や導入・運用の提案を受けることができること。

説明を聞くだけではなく、導入にあたって不安なことや分からないことなど、何でも相談することができます。

どちらの無料体験も、30日間終了後、自動で契約になることはありませんし、本契約をしない限り料金も一切発生しません。

2パターンの無料体験にあまり違いはありませんが、導入が前提ではなく、まだ検討段階という場合は、通常の無料体験を申し込むようにしてください。

なお、無料体験終了後、そのまま契約したいという場合に必要な費用は、月額料金のみ。

初期費用や、新しいモールへ出店する際の追加費用などは一切かからないので、コスト面でも安心して導入することができます。

最低利用期間は3ヶ月、契約にあたっては事前に把握しておきましょう

ネクストエンジンを利用するにあたってひとつ事前に把握しておきたいのが、その最低利用期間についてです。

3位のGOQSYSTEMもそうですが、最低利用期間は3ヶ月とあらかじめ定められています。

すなわち、無料お試し後本契約をすると、何があっても3ヶ月間は絶対に使わなければなりませんし、その分の費用を支払わなければならないのです。

(契約だけをして業務に使用しないというのは個人の自由ですが)

ですので、たとえば1ヶ月使って「自分に合わなかった」と感じても、残り2ヶ月分の料金は基本的に返金されることはありません。

サイト内検索
記事一覧