ネットショップの一元管理システム(ソフト)を厳選比較で5選ご紹介!【在庫や商品発注まで販売の全てを一括管理】


おすすめポイント利便性が非常に高く、大幅な業務効率化が期待できるバランスの優れたシステム

ネットショップの管理システムというものは運営者以外にとってはあまり注目の対象にはならないものですが、いざ探してみるとかなりの数が販売されていることが分かります。

そんな膨大な管理システムの中でネットショップの一元管理システムについてさまざまな方面からリサーチを行ってみた結果、私がランキング1位に選んだのは、株式会社アクアリーフという会社が開発提供している「助ネコ」というシステムです。

この助ネコをなぜ1位に選んだのかというと、ユーザースキルにかかわらず利便性が非常に高いから。

各社のHPを見て回る中で、最初はさほど印象に残らず期待を持っていませんでしたが、念のためお試しをしてみたところ、「機能性」「安全性」「使いやすさ」「サポート性」がすべて高水準で維持されており、欠点らしい欠点を見つけることができませんでした。

画面の流れに沿って操作ができる直感的な画面デザインは、利用開始時から数人いるスタッフも全員が使いこなせて、すぐに業務効率化につながりました。

パソコンの扱いに不慣れなスタッフでも、助ネコであれば比較的迷わず習得することができ、システム側でさまざまなトラブルに関しても問題なく対処できるよう対策も充実しています

実際、数々の自動チェック機能(住所間違い、離島、同梱対象、等)が搭載されているので人的ミスが大幅に減りました。

特にきわだって好感を持ったのが、助ネコのサポートです。

顧客目線で寄り添ってくれて、きわめて誠実で熱心な対応を行ってくれます。

設定や操作で不明点があってもすぐに解決ができました。

助ネコの受注管理システムの特徴としては、リピーター育成や細やかな接客機能が随所に搭載されているので、丁寧な顧客対応をしたいショップに向いていると思います。

こうした接客機能を使ってリピーター育成に成功し、楽天市場の「ショップ・オブ・ザ・イヤー」を受賞したという実力店の事例もHPで紹介されています。

最初に受けた印象とはだいぶ変わり、「助ネコはバランスがよく、かなり掘り出し物」という結論になりました。

助ネコの機能やオプションについて


まずは助ネコの基本的な機能やオプションについてご紹介します。

■商品登録

商品の情報を助ネコの画面で登録するだけで、楽天やYahoo、Amazonなど複数のモールに一括出品できます。

各モールのサイズに合わせた画像加工も自動で完了。

画像はドラッグ&ドロップで簡単に登録できるので、パソコン操作に慣れていない方でもあっという間に出品できます。

情報は入力するたびにリアルタイムで自動保存されるので、複数のスタッフが同時に編集作業する場合でも安心です。

■受注管理

運送会社や決済会社のデータとも連携し、各モールからの注文データを一元管理できます。

メールの一括送信はもちろん、リピーターを自動判別したり、お客様ごとの専用ページを作成し、過去の履歴を店舗側・お客様双方が簡単に確認できるなど、単なる工数の削減だけではない心のこもったサービス内容となっています。

■在庫管理

どこか1つのサイトで在庫が減ったら、ほかのサイトの在庫数も自動で更新。

最低在庫数になった時点でお知らせメールが届くので、在庫切れになることなく発注することができます。

また、助ネコに登録する実際の在庫数とモールに反映させる在庫数を別々にすることもできるので、売り越しを防げます。

■高速化オプション

セール時などの繁忙期には、モール間のデータ連動間隔を通常15分のところ5分に短縮できる「高速化オプション」を利用するのがおすすめ。

10日間のみのスポット利用ができるので、繁忙期も徹底的に売り越しを防止することができます。

■助ネコアプリ

「助ネコアプリ」は、助ネコを契約している方なら誰でも使える無料のアプリです。

専用の端末は不要。

お手持ちのスマートフォンやタブレットにアプリをインストールし、助ネコと連動するだけで、簡単に利用することができます。

バーコード読み取りなどスマートフォンやタブレットならではの機能もあり、アプリをインストールさえしていれば複数のスタッフがいつでもどこでも手元で簡単に操作できます。

■送り状コンバータ・PLUS

各モールからの伝票を、ヤマト運輸、佐川急便、ゆうパックなど運送会社ごとの送り状に助ネコ経由で変換・発行・アップロードできます。

贈答品は送り主の欄を注文者の名前に設定したり、住所エラーのチェックなどもすべて自動で行うので、業務効率が大幅にアップします。

必要な機能は最初から勢ぞろい、効率化だけでなく、自社ショップのリピーターやファン作りに適したシステム


ネットショップ一元管理システムを選ぶ上で気を付けなければならないのが、サービスや機能のクオリティや中身の程度です。

ネットショップの一元管理システムというのは、みなさんが思っている以上にクオリティやサービス内容に差があります。

そうした差を考慮した上でも、この助ネコは個人的にではありますがとても優れていると思います。

一見、公式HP等で充実した機能を謳っていてもそれは言い方のごまかしであり、実は他よりも劣っているといったことがしばしば見られます。

こうしたポイントに注意しておかないと、割高な料金でシステムを契約させられかねません。

最近では、多くの会社が無料お試し期間を設けているので、本当に自社に合っているか、必ず時間を取って検証することをお勧めします。

その際、システム担当者だけで決めずに、多少面倒でも実際に毎日使うことになる現場のスタッフの意見を必ず聞くことが大事です。

忙しいからとシステムの中身の確認に時間を取らず、スペック表と料金表の情報だけでシステム専任者が判断するのは危険です。

この助ネコの場合、最初からネットショップを運営するためのさまざまなシステムがそろえられています。

受注管理に在庫管理、商品登録とそれぞれ必要なプランのみを単体で契約できるのもうれしいポイントです。

受注管理には、受注業務を効率化する機能だけでなく、ありとあらゆる接客機能が随所に搭載されているので、手間をかけたかのようなきめ細やかな顧客対応が、システムの力で実現できます。

(購入回数を元にメールのメッセージを送り分ける機能や、フォローメール機能、一括メール送信時に個別メッセージを差し込める機能等)

加えて、「楽天ペイAPI」との連携によって、楽天と密な連携が可能となっています。

利用店舗のうち90パーセントが「使いやすい」と回答、誰でも覚えられる簡単操作


私がこの助ネコを評価したいその他のポイントは、システム自体の使いやすさです。

パソコンをはじめ機械に強い方は「そんなに重要か?」と思われるかもしれませんが、実はかなり大事なことです。

ベテランスタッフが操作しているうちは問題なくても、何かの事情で他のスタッフに業務を振る必要が発生することがあります。

すると、簡単には操作を習得できず、決して小さくないロスが発生してしまうこととなるでしょう。

システムによっては操作性にかなり難があり、習得に時間がかかってしまうという場合も少なくありません。

その点でも、この助ネコは優れています。

ユーザビリティ(使いやすさ)に、かなり工夫が込められていると思います。

当社のスタッフがお試しで初めて使った際に、「その時、操作すべきボタンが一目で分かるので、覚えていなくても操作できた」という声がありました。

公式のアンケートによれば、利用店舗のうちと90パーセント以上が「使いやすい」と回答したようです。

悩みや疑問に寄り添ってくれる温かさ、群を抜いたサポート力


遠隔ツールで「初期サポート」を受けましたが、その間、至るところで弊社の運用を聞いてくれ「自社に合った助ネコの使い方」をその場で一緒に考え提案してくれました。

その後も何度か問合せをしましたが、どのサポート担当が出ても、当社の事情や運用をよく把握していることに驚きました。

世の中のコールセンターのどこと比較してもここまで寄り添ってくれるサポートは、初めてでした。

また、システムに詳しくない現場スタッフが問い合わせると、難しいシステム用語は一切使わず、かみ砕いて説明してくれたと報告があり、私がいなくても現場で事故解決できたというのが、助ネコの導入の決め手の1つになりました。

売れるための手助けも充実、「助ネコ勉強会」で儲かる店づくりのサポート


いくら優れた一元管理システムを導入したからといっても、売り上げ自体が少なければなんの意味もありません。

もっと言ってしまえば、売り上げを高めるための方法もまた、求められるのです。

この助ネコを提供している株式会社アクアリーフは、そんな売り上げアップ法についてもフォローを行ってくれるというのが強みです。

それが、「助ネコ勉強会」です。

この勉強会でいったい何を教えてくれるのかというと、基本的な助ネコの使い方や機能解説の他、リピーターアップのための秘訣を伝授してくれるのです。

大手インターネットショッピングサイト「Amazon」の例を挙げるまでもなく、ネットショップにおいてリピーターの存在はかなり重要です。

助ネコでは業務効率アップだけではなく、リピーターの増加による売り上げの向上を図ることもできるのです。
【助ネコ】の特徴やサービスについて詳しく知りたい

 

ショップからの要望を積極的に取り入れ、さらなる利便性の向上が望める

以上、助ネコの特徴に関する解説でした。

助ネコというシステムに関しては今回一番「使いやすい!」と感じられ、現状でも他のシステムに比べて差をつけている状況ではありますが、個人的にプッシュしたいのは、さらなる改善が見込めるということです。

この助ネコは運営の方針上、システムを利用しているショップからの要望をかなり積極的に取り入れているようです。

助ネコの管理画面には、「要望投稿フォーム」があり、システムに対する要望を上げられる仕組みをとっています。

「他のショップが上げた要望」に対しても、投票でき、投票数の多いものから優先的に開発を行っていて、少なくとも、週に1回は新機能やバージョンアップのリリースをしています。

日々より使いやすく、より効率をアップさせるための取り組みが行われているのです。
ひょっとすると、さらなる新システムがそう遠くないころにリリースされるかもしれませんね。

他にも、さまざまなトラブルの発生に備えて、24時間体制でサーバーが有人監視され、データも常時バックアップできる仕組みが整えられています。

本番システムを無料で30日使える、気に入らなければ料金不要

この会社が良心的な運営だと思うのは30日の間、設定や使い方のコンサル、サポートをふんだんに受けても、最終的に気に入らなければ、お金がかからないことです。

最初は、HPの情報だけではシステムの中身まではわからず、特に助ネコに関しては、さほど期待していなかったのですが、無料で30日間システムを使ってよいという寛大な仕組みでしたので、申し込みました。

結果として、30日の間に、自分達に合ったシステムであることが発見できました。

システム導入は、時間とコストがかかりるものですが、それを30日間、無料で提供してもらえるというのはありがたいことだと思います。

また、無料お試し後に継続して利用する場合、お試し時に付与されたアカウントをそのまま使えますので、設定などをやり直す必要もなく導入がスムーズでした

助ネコを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

助ネコのHP上には驚くことに400社近い導入事例が紹介されていました。

【助ネコ導入事例】:https://www.sukeneko.com/voice/

そのほかネット上の口コミはコチラです。

引用元(BOXIL):https://boxil.jp/service/344/

サイト内検索
記事一覧